2020/03/27 AliExpressセール価格情報(イヤホン)AliExpressセール価格情報(中華リケーブル)を3/17 Anniversary SALE価格(セール対象外の商品は現時点の価格)で更新しました。⇒Anniversary SALEは終了しました。

[レビュー] KB EAR Diamond (1) 柔らかで重厚な落ち着きが心地良い

今回はKB EAR Diamond(Amazon/AliExpress)のレビューです。第1回は箱出しからエージング終了後までレビューして行きます。外装画像等のレビューがご不要であれば『エージング200時間~』もしくは『総評』から後ろだけご覧ください。

初期装備のKB EAR Diamondの白背景画像
少し緑がかった渋めのグレーがシックです。

製品仕様

  • ブランド:KB EAR
  • 型番:Diamond
  • ドライバ構成:1DD(DLC)
  • インピーダンス:16Ω
  • 感度:102dB
  • 再生周波数帯域:20Hz-20000Hz
  • ケーブル端子:2pin
  • KB EAR Diamond
  • Amazon6/9 9,890円 - WTSUN Audio
  • Aliexpress6/9 $71.10 - Wooeasy Earphones
  • DDは8.5mm Diamond Like Carbon(DLC)コート PET
  • ハウジングはアルミニウム合金
  • 付属ケーブルは銀メッキ無酸素銅(OFC)

外箱はシックなデザインの黒い化粧箱です。

KB EAR Diamondの外箱の画像
中国から届いたので若干角が凹んでますが…。

KB EARの低価格イヤホンから価格帯がちょっと上がったからか全体的にやや豪華になっていますね。

KB EAR Diamondの箱の中の画像
低価格ラインナップより豪華なパッケージです。

付属品はケーブル、ケース、イヤーピースはシリコン2種類で1種類は3サイズ、もう1種類はMが2ペアとLが1ペアなようです。加えてウレタン2種類各1サイズです。

KB EAR Diamondの同梱物の画像
A10,000円の中華イヤホンにたまに付いてくるこのケース、結構便利なんですよね。

つや消しの金属ハウジングは非常にきれいな仕上がりで価格以上に高級感があります。ダルマオーディオ(@Daruma2142)製らしいです。

KB EAR Diamondのハウジングの画像1
ダルマオーディオのVento Conductor T-800に似てますね。

ベントは内側とステム側面の2ヶ所。ノズルフィルターは金網状です。ノズルには十分な長さと適度な角度があり、耳に当たる側は平らですが装着感は良いと思います。

KB EAR Diamondのハウジングの画像2
耳に当たる部分にはあまり凹凸がありません。

フェイスプレートはカーボン調にやや立体感のあるKB EARのマーク付きです。

KB EAR Diamondのハウジングの画像3
高級感ありますね。

2pinの接続部には浅いくぼみがあります。一般的な埋め込み2pinほどの深さはありませんがピンの根本に段差が一切ないタイプのケーブルだと刺さりきらないかもしれません。

KB EAR Diamondのハウジングの画像4
刺さりきらなくても使えそうではありますが…。

ハウジングにはやや重みがあります。しかしずっしりというほどではなく、装着していて気になることもありません。

KB EAR Diamondのハウジングを手のひらの上に乗せた画像
少し重みがあります。

音質

箱出し

箱出しはキレが感じられつつもある程度の余韻もあるきれいな中高域、音場はやや広く抜けも良いです。個人的には低音にもう少し重みが欲しいような気がしましたが、エージングで改善します。

エージング200時間~

DLCは硬い素材だろうと思ったので長めにエージングしました。経験上振動膜が硬い素材のDDはかなり長く鳴らすことで音が整うことがあったからです。中低音が締まり重低音が少し強まります。この部分に不満がないならエージングせずに使い始めても問題ないと思います。200時間頑張りましたが50時間くらいで十分だったかも…。

評価環境はPC(foobar2000使用)→aune BU1(Amazon/七福神商事公式)、駆動力および相性の比較としてSabaj Da3(Amazon/AliExpress)、Fiio X7 MarkⅡ(DAP)、Xperia X Performance(スマホ)も使用しました。音源は主にFLAC、他にAmazon MusicおよびYoutubeの動画なども使用しています。

ケーブルは付属ケーブルです。今回は付属イヤーピースの他、AZLA SednaEarfit(Amazon)、acoustune AET07(Amazon)でも評価しました。ケーブルは付属ケーブルです。

付属赤軸イヤーピース

付属イヤーピースのブラックは私の耳にイマイチ合わなかったため付属赤軸イヤーピースで評価していきます。

KZのイヤホンでは左L右Mを選択することが多いのですがDiamondでは逆で、左M右Lがジャストサイズでした。

付属赤軸イヤーピースの音の傾向は重低音は少し減衰、低音が少し中音域側にうっすら被り気味に聞こえることがあり、高音のピークも本来の音よりも落ちて聞こえます。

高音の主張*
4.3
★★★★★
★★★★★
高音域の音量
4.0
★★★★★
★★★★★
中音域の音量
4.2
★★★★★
★★★★★
低音域の音量
4.0
★★★★★
★★★★★
アタック感*
4.2
★★★★★
★★★★★
  • 『高音の主張』は金属音などの目立ち具合です。
  • 『アタック感』は低音のアタック感の音量的な強さ(ドンシャリのドンの強さ)です。
  • 高音は刺激的でない(付属イヤーピースの影響)
  • 重低音はややしっかりめで沈み込み十分
  • 明瞭で風通しが良いながら包み込むような広がり(付属ケーブルの影響)
  • 低音が中音域側にうっすら被る印象がある(付属イヤーピースの影響)

周波数特性チェック用のスイープ音源で耳で聞いてチェックした限りでは低音域は20Hz辺りから音として聞き取れる程度に出ていて、低音域の上の方に谷があり中高音域に向かって強まっていくややドンシャリ型です。なお付属赤軸イヤーピースではDiamond本来の音のバランスよりもドンシャリ感が弱っていると思います。

高音域は一定の主張がありつつも刺激はなく、きらびやかさはやや控えめです。付属赤軸イヤーピースは高音がやや減衰しており変更することでもう少しきらびやかな高音になります。しかし基本的には高音のピークは耳にきつくない程度に抑えられており、高音がよく出るイヤーピースに変えても耳障りな刺激の強い高音が出ることはありません。

付属ケーブルの影響で少し響くような、やや伸びがあるような印象を受けやすいですが、味付けの少ない銅線ケーブルでも確認してみると実際はそうでもなく、高音の伸びやかさを重視する人には物足りないと思います。

中音域は人の声の帯域がほどよく出ていてボーカルは下がりにくく近すぎず、圧迫感なく聞きやすい位置から聞こえてきます。しかしコーラスが少し下がることがあったりして、楽曲によっては少し凹みを感じることがあるようです。その場合でもボーカルが演奏に負けたり紛れてしまうことはありません。ただし近くはないのでボーカル推しともちょっと違うと思います。

風通しの良さがありつつも、響きがあり空間を包み込むような広がりが感じられます。楽曲と可聴域によってはひょっとすると低音が中音域にごくうっすら被っているように聞こえる可能性はあるかもしれません。これらにはこの付属赤軸イヤーピースの影響があるので、イヤーピースを変更すると印象が変わります。

人の声はわずかに低音成分を多めに含みますが、これもこの付属赤軸イヤーピースの影響が大きいです。変更することで現実の人の声の高さにより近くなります。このイヤーピースを使っているときの人の声には、滑らかさ、ふくよかさ、落ち着きがやや強めに出ています。しかしリアリティはあり、楽器の音も人の声も情報量多めで解像度も高いです。

低音域は下の方から出ており付属ケーブルでも沈み込みは十分だと思います。エージングで強まるので、箱出し時点で不満があるようなら鳴らし込んでみてください。

重みと適度な厚みがありつつも重苦しくなく量は多すぎない低音域です。音量を上げても圧や主張が強すぎることはないようです。中音域と同様に包み込むようでいて広がりすぎず、全体に落ち着きをもたらしています。

各音域ともに音の輪郭がほんの少しソフトフォーカス気味なことでキレキレにならず、適度な響きも加わってあまり伸びていないことを感じにくくさせています。

ただこの包み込むような感じとソフトフォーカスは付属ケーブルの持ち味に寄るところも大きく、味付けの少ない銅線ケーブルにリケーブルするとだいぶタイトに変化します。

分離と定位は良好です。音の距離感は近すぎないのに離れすぎてもおらず、音場はちょっとだけ広めに感じられることが多いです。

付属イヤーピースはDiamondの実際の音よりも少し暗め、落ち着き気味、低音域がわずかに侵食気味、包み込む感じが強めです。ある意味ぼやっと感じる人も少なくはないかもしれません。これらを改善したいと考えるならばイヤーピースを変更することをおすすめします。

AZLA SednaEarfit

付属赤軸イヤーピース(以下、付属赤軸)は高音のピークがちょっと落ちることと低音が少し衰えるため、AZLA SednaEarfit(Amazon)でもチェックしていきます。SednaEarfitは重低音から高音まで全域をきっちり拾うイヤーピースで、密度のあるぎゅっとした音になることが多いです。軸が長いので耳が起きている人には超絶おすすめです。

  • 高音は適度にきらびやかだが派手ではなく刺激は強くない
  • 明瞭
  • より重低音が出る
  • 低音が中音域にうっすら被った感じが消える
  • 中音域が実際の音の高さに近くなる

高音域は付属赤軸よりもピークが高くなり、明瞭さときらびやかさが向上します。中音域は付属赤軸で感じたほど低音を含んだ音色ではなくなり、現実の音に近くなります。重低音はより下の方からしっかりと出て沈み込みも十分です。

上と下が強まることでドンシャリ型の谷が付属赤軸よりも相対的に少し深くなるのでボーカルがちょっとだけ下がることがあるようです。しかし演奏に負けることはなく、ボーカル曲でも不満はありません。

acoustune AET07

acoustune AET07(Amazon)は低音から高音まできちんと拾うイヤーピースです。私はSednaEarfitと共にイヤーピース選びの基準にすることが多いです。

  • 全体的にアタック感が音量的にやや強くなる
  • キレが良くなりすっきりする
  • 重低音はSenaEarfitほどは強くないが十分
  • 全体的に少し中高域側にシフトしてすっきりする

全体的な傾向はSednaEarfitと同様に高音のピークが高まり、重低音が出て、全体的にはすっきりと明瞭で暗さがなくなります。付属赤軸およびSednaEarfitよりも中高音域に寄り、低音の量が減ります。

また、SednaEarfitほどはドンシャリ型の谷が深くならないのでボーカルが遠くなりにくいです。バランス良し。

その他

装着感

ステムはやや長く、小さいイヤーピースなら結構耳に突っ込むことができます。しかしあまり押し付けすぎると装着疲れを感じるので少し大きめのイヤーピースで蓋をするような装着方法の方が楽なのではないかと思います。

やや小耳に見える耳モデルにぴったり収まるので外耳道入り口のくぼみが極端に小さい人でなければサイズ的な問題はなさそうです。

KB EAR Diamondを耳モデル(白)の両耳にはめた画像
耳のくぼみが小さい人だときついかも?

正面から見た時の耳からのはみ出し具合は見た目の不自然さがない程度です。

KB EAR Diamondを耳モデル(白)にはめた状態の横からの画像
実際のはみ出し具合も同じくらいです。

音漏れ・遮音性

遮音性はやや良いです。きちんと装着できているなら耳を傷めない程度の音量で音楽を聞きつつPCのキーボード操作をしていると打鍵音がうっすら聞こえるくらい。

装着して正面側にハウジング側面のベントが向くため、装着の程度によっては音量を上げすぎると静かな場所では音漏れが聞こえるかもしれません。

再生環境と駆動力

インピーダンスは16Ωしかないのですが若干音量が取りづらいです。また、駆動力があった方が艶やかさが増すように感じます。スマホ(Xperia X Performance)でもボリュームは十分に足りますが明瞭さと艶がだいぶ衰えるようです。重低音も力強さと沈み込みもちょっと落ちます。また、全体的に少しぼやっとします。

KB EAR DiamondとXperia X Performanceの組み合わせの画像
スマホでも音量は取れますが音は実力が出ていません。

付属ケーブル

付属ケーブルは銀メッキ無酸素銅(OFC)です。とても柔らかく取り回しは良好です。やや響くような伸びがあり、全体的に音の輪郭が柔らかいソフトフォーカス気味な音になりやすいようです。極性はDiamondを耳掛けした時に下に来る方がマイナスなのでDiamondの極性はKZ系と同じようですね。

KB EAR Diamondの付属ケーブルの画像
Diamondとの相性はとても良いです。

包み込むような音の出方はこの付属ケーブルの影響を受けているので、この点が気に入っているなら変更するとタイト過ぎて個性が衰えたように感じられるかもしれません。

総評

上品さを感じる柔らかさがありつつも明瞭で、重厚な落ち着きがありつつも力強さがあり、しかし重苦しくはなく、明瞭です。周波数特性はU字のドンシャリ型なようですがドンは十分ながら強すぎず重低音を必要とする楽曲も質良く聞かせてくれ、高音のシャリ感はなく耳障りな音も出ません。ボーカルは遠すぎず近すぎず、演奏にも紛れずとても聞きやすいです。

KB EAR Diamondの画像
U10,000円のイヤホンとしては出来が良いと思います!

不満点は強いて言うならやはり付属イヤーピースです。シリコンブラックは私の耳の形に合わなかったため評価できませんが、シリコン赤軸は高音と重低音が減衰しフォーカスもやや緩め。ウレタンもシリコンに比べるとどうしても高音が出きらないので、どれを使ってもDiamondの実力相応には高音が出せていないということになりそうです。

私の耳は比較的低音をよく拾うようで、加えて付属赤軸イヤーピースでは高音のピークが抑えられるせいか全体の印象が落ち着きをちょっとだけ通り越してわずかに暗めになってしまいます。装着感に問題がなくとも、暗さや高音不足を感じる場合にはイヤーピースを変更しましょう。

高音のピークと重低音をきちんと拾うイヤーピースに変えたKB EAR Diamondは沈み込む重低音、少し落ち着きを引き出す低音、明瞭な中~高音域、魅力的なボーカル、刺さりのない高音のややドンシャリ傾向のイヤホンです。付属ケーブルでも解像度は高めで、楽器の音は少し演出的な気もしますが説得力があります。

イヤーピースを高音と低音がよく出るものに変更することにより相対的にドンシャリ型の谷が深くなるためボーカルが音量的に小さく感じられたり下がって聞こえたりする場合があります。演奏に負けたり遠すぎたりすることはありませんが、ボーカルが音量的に大きめに聞こえ距離が近いボーカル推しイヤホンが好きな人にはちょっと物足りないかもしれません。リケーブルでいくらか出すことはできます。

AZLA SednaEarfit+付属ケーブルのKB EAR Diamondは、Billie Eilish『BAD GUY』(Youtube)や星野源『Ain’t Nobody Know』(Youtube)など重低音が不十分だと魅力半減するものの個人的には強すぎるのもちょっと違う、響きがなさすぎるのは物足りないけど伸びやか過ぎるとにじみを感じる楽曲との相性が特に良いと感じました。EDMではもうちょっと強く出て欲しかったです。

特化型というわけではありませんが元気さが欲しい楽曲では上品すぎる印象を受けました。ややドンシャリ傾向ではあるものの典型的ドンシャリな音色が好きなら落ち着きすぎていると感じるかもしれません。

付属ケーブル+付属赤軸イヤーピースの組み合わせのKB EAR Diamondをおすすめできるのは、落ち着いた音色が好みな人、高音の刺さりに弱い人、ある程度駆動力のあるDAPもしくはアンプを使っている人です。

逆に付属ケーブル+付属赤軸イヤーピースの組み合わせのKB EAR Diamondをおすすめできないのは、元気な音色が好きな人、高音は現実の音に近いくらいのピークの高さが欲しい人、シャープなドンシャリイヤホンが好きな人です。ある程度の駆動力が欲しいのでスマホ直差しを想定している人にもおすすめしません。

なお現在AliExpressで販売中のKB EAR Diamondには銅線ケーブルをプレゼントとして付けてくれるセラーがあります。このケーブルは低音強化タイプで、低音が更にどっしりとしつつも全体はタイトになり力強さが増します。

  • KB EAR Diamond
  • Amazon6/9 9,890円 - WTSUN Audio
  • Aliexpress6/9 $71.10 - Wooeasy Earphones

KB EAR Diamondのレビュー、第2回はおすすめイヤーピース編の予定です。間に先日レビューしたBLON BL-05のおすすめイヤーピース編や他のイヤホンのレビューを挟むかもしれません。