イヤホン関係メモ

2019/11/29 AliExpressセール価格情報(イヤホン)AliExpressセール価格情報(中華リケーブル)を11/29 BLACK FRIDAYセール価格(セール対象外の商品は現時点の価格)で更新しました。⇒BLACK FRIDAYセールは終了しました。

今日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

EARNiNE EN1J(1BA/10,150円→6,434円)とEARNiNE EN2J(2BA/26,820円→7,306円)が値崩れ中。同社EARNiNE EN120がとても良いので特価の両機とも気になりますがほとんどレビューがない…。EN1Jは箱出しの評価が良くなくエージングで多少良くなったらしいこととEN2Jは駆動力がいるらしいことくらいしか情報なし。なおBA機なので低音はあまり強くないはずです。ちなみに中古で見つけた生活臭ありEN1Jは3千円台、傷ありEN2Jは1万円ちょっと。

特価中のEARNiNE EN2JについてHead-Fiにレビュー(英語)を発見。やはり低音は弱いっぽいですね。

NICEHCK NX7 Pro(Amazon/AliExpress)とTempotec SONATA iDSD(Amazon/AliExpress)との組み合わせが良いとのHiFiGO記事(英語)を読んだので、所有している上位機のTempotec SONATA iDSD Plus(AliExpress)を使ってみましたが…こちらも相性が良いです!レビュー記事の大部分を書いてしまっているのですが大幅修正します。

DROPECHOBOX NOMAD N1が再登場。$80+日本への送料$5.14です。派手めで音楽を楽しめるドンシャリ傾向。高解像度で情報量も多いです。

NICEHCK NX7 Pro(Amazon/AliExpress)とTempotec SONATA iDSD Plus(AliExpress)の組み合わせ、SONATA iDSD Plusの音の傾向として低音の量が増えがちなためリケーブルして明瞭さを上げたい感じが。そもそもNX7 ProはNX7の教訓を受けて低音強化タイプのケーブルを付属した結果、初期装備でフラット傾向な再生環境でも明瞭さが犠牲になっていると感じることが多いです。

中華セラーは軒並み旧正月(春節)の休みに入ったようですがTwitterの活動はするようです。AliExpressのチャットの方は返事が来るかどうかはわかりませんが、活動しているセラーもあるっぽい。旧正月はなんとしても休むイメージの中国人も世界を相手にしているとそうも行かないんですかね。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

エージング中のCTZの8mm1DD機(AliExpress)をチェック。ちょっとはマシになったような気がしますがモワッと感は相変わらず。左右同じように聞こえるし不良品ではなさそう。ハウジング側面にあるベントが耳でふさがっているのかと思い軸が長いSednaEarfit(Amazon)で少し浮かせて確認してみましたがそういうことではないようです。うーん。リケーブルで低音の量をがっつり減らしたい感じ。

到着済みのリケーブルの不良品チェック。とりあえずは全部良品。以前はたまに2pinで左と右で+-の向きが違う逆相の不良品があったんですが最近リケーブルの不良品に当たらなくなりました。製造者のスキルが上がってきたのかな。

KZ S1D(Amazon/AliExpress)の連続駆動時間は公称3時間とあまり長くはないもののSBC接続小音量連続使用で「Battery Low」のメッセージが鳴るまで3時間ちょっとはもちました。接続強度は遮蔽物(ドア・人体)にやや弱め。Wi-Fiとの干渉は自宅内では気にならず。ツイート

完全無音時ならホワイトノイズは聞こえません。しかし音が鳴っている時に小さくサーッとノイズが。静かな場所で静かな曲を聞いていると少し気になるかも。音は悪くないので惜しいです。

Kinboofi取り扱いのTRI-i3が16,000円に値下げ+3,000円OFF+10%OFFでかなりお得です。たぶん過去最安ではないかと。⇒レビュー

Nex Audioで17%OFF中です。除外品あり。

低音の量が多めでややモヤッとしていたCTZの8mm1DD機(AliExpress)はエージング丸1日以上経っていますがあまり改善しません。ひょっとするとピタッと装着するIEM形状であることが仇となってベントが耳の側面でふさがっているのでは…。とりあえずエージングは続けますが今のところおすすめしません。

CTZのKnowles製1BA機(AliExpress)は高音がわずかにマイルドになったような。箱出し付属イヤーピースでは高音が目立ちすぎていた気がしましたが今はそんなに気になりません。こちらもエージング継続。

TFZ No.3(AliExpress)はTFZのドライバーとしては第3世代の11.4mmデュアル磁気回路ダイヤモンドドライバーを採用。音のバランスは弱ドンシャリ。ボーカルはちょっとだけ距離がある感じですが凹んでいるというほどでは。ダイヤモンドドライバーのエージング効果ってどうなんだろう。このドライバーは初なので長く鳴らしてみようと思います。

TFZ My Love Edition(AliExpress)は12mmデュアル磁気回路グラフェン振動膜ドライバーを採用。今回はNo.3クリスマス購入特典のおまけとして無料で入手しました。通常価格も$59と比較的安価ですがインピーダンスが55Ωと鳴らしにくいのであまり初心者向きではないのかもしれません。音のバランスはフラット気味。

音のバランス的にはNo.3よりMLEの方が好きかも?TFZのフラット傾向というとKING PRO(Amazon/AliExpress)がありますね。価格差がありますしKING PROは金属ハウジングなのでだいぶ違うだろうとは思いますが、エージングが終わったら聴き比べてみたいと思います。

KZ S1D(Amazon/AliExpress)到着。装着感は良く付属イヤーピースでちゃんと支えられました。タッチセンサーの感度も良好。ツイート

操作説明を読む限り音量調節機能はない模様。また、S1にはディレイを弱めるゲームモードがあるようですがS1Dには機能がありません。でも低遅延のapt-X LLに対応しているわけではありませんし、どっちみちゲーム用途では使わないでしょうね。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

CTZの8mm1DD機(AliExpress)はケーブルなしなのでNICEHCK CT4(簡易レビュー/Amazon/AliExpress)と付属イヤーピースで音をチェック。低音の量が多くややモヤッとしてます。しかし低価格DDはエージングが効きやすいので短時間でも変わるかもしれません。早速鳴らしていきます。

CTZのKnowles製1BA機(AliExpress)もケーブルなしなのでまずNICEHCK CT4(簡易レビュー/Amazon/AliExpress)と付属イヤーピースで音をチェックしましたが低音が弱くだいぶ高音が目立ち相性が良くない気が。次にSednaEarfit(Amazon)に変更して聞いてみます。

高音のピークは高め、低音は音量的にも量的にも控えめで伸びもあまり強くは聞き取れません。低域から中域にかけて右肩上がり、ごく浅く凹みがありつつ高域も強めに聞こえるので周波数特性は全体的に右肩上がりっぽいです。私は低音が控えめなイヤホンも好きで高音はしっかり出てほしいのでアリなバランス。タイトで明瞭、キレのあるくっきりとした音色です。

NICEHCK CT4とSednaEarfitだと高音が強い気がするものの他のイヤーピースだと低音が弱いためケーブル側を高音がややマイルドで低音強化傾向のNICEHCK C16-3(Amazon/AliExpress)に変更してみます。しかし低音は期待したほど強まっていないような。同じく低音強化タイプのTRN6芯(Amazon/AliExpress)でも低音側はあまり強まらず。

KnowlesのBAはエージングが劇的には効かない印象ですが一応鳴らしていきます。音は良いと思いますが1万円ほどの価格に見合っているかどうかについてはいくらかエージングしてリケーブルとイヤーピースを厳選するまでは判断保留。価格帯の近い1BA機とも比べてみるつもりです。

ちなみにBAは29689が採用されていると書かれており、実際のBAの刻印下4桁は『9689』と読み取れます。合ってる…のかな?

URBAN UTILITY UEHE-EP5(Amazon)が悪くなかったので同メーカーの他の980円イヤホンも購入済み。グラフェン8mm1DDのUEHE-EP1(Amazon)とハイブリッドのUEHE-EP2(Amazon)とグラフェン10mm1DDのUEHE-EP3(Amazon)です。

しかしEP1以外は現在値上がりしています。どれも最近980円まで下がって売れる→値上げ→上がった価格じゃ売れない→値下げ、を繰り返しているっぽいです。私も980円では一気には買えなかったので下がるのを待って別々の日に注文しています。入荷予定ありになっているので待てばまた下がるのでは…。

8芯純銀ケーブルTRN T3(Amazon/AliExpress)の不良品チェック。純銀を謳ったケーブルを持ってはいるものの全部1万円以下の中華リケーブルなため実際のところは怪しい場合もあり「これぞ純銀の音!」というのがよくわかっておらず果たしてこれが純銀かどうかは不明。できれば近いうちに、純銀として売られていたケーブル数本と比べてみたいと思います。

本日深夜、正確には1/16 2:00から8:00の間に当ブログで使用しているレンタルサーバーのメンテナンスが実施されるため一時的にブログが表示されない可能性があります。最大で60分だそうです。ご了承ください。

先日のセールで購入したYinyooの4芯単結晶銅(AliExpress)とBLON BL-03用単結晶銅アップグレードケーブル(AliExpress)がもう通関。今週中に届きそうです。

URBAN UTILITYのイヤホン、全部価格が980円に戻っています。キャッシュレス5%還元も付いているのでお得です。売れ始めるとまた価格上昇する可能性があります。⇒グラフェン8mm1DDのUEHE-EP1(Amazon)/1BA+1DDのUEHE-EP2(Amazon)/グラフェン10mm1DDのUEHE-EP3(Amazon)/DD+ピエゾのUEHE-EP5(Amazon

ちなみにグラフェンDDのEP1とEP3の最新ロットはベント(通気穴)が塞がれています。メーカーが低音を増やそうとしたようです。しかし特にEP3についてはここを針で貫通させることで低域が控えめになるものの全体の音質が一気に向上します。これについては今晩帰宅後に別途コメント予定です。

URBAN UTILITY UEHE-EP3(Amazon)は10mmベリリウムの1DD機。Amazonに「ベントが塞がれて以前とは音が違っているとみられる」旨のレビューがあります。2箇所あるベントをよく見てみると確かに塞がれているようです。低音強化のために対策したと思われます。

基本的にはDD機はベントが必要ですし980円と安価だったこと、私は低音が控えめなイヤホンも嫌いではないこと、そもそもベントが開いていることが想定されているハウジング形状なこと、最悪また塞げばいいか…と思い切って2箇所あるベントの両方に針で穴を開けました。これが正解!一気に明瞭に!

低音が大きく減って高音が強まりバランスがだいぶ変わりますので実行する場合は自己責任でお願いします。特に若い人には高音が強くなりすぎる可能性はありそうなので2個一気に開けるのではなく音を確認しながら1個ずつ開けた方がいいかも。

イヤーピースは安いものの中からSound Wave SW024(Amazon)に変更。変える時はケーブル根本の断線に注意してください。起き耳でも奥まできっちり入ることとタッチノイズの軽減のために私は耳掛けして使用しています。

ベントを開通させたUEHE-EP3は低音は強くはありませんが個人的には不足はなく、全域で明瞭な中高域寄り弱ドンシャリ、ややアタック感強め、特に中音域の解像度が高く生楽器との相性が非常に良いです。ただし穴を開ける前はおすすめするほど良いとは思いませんでした。

スマホでも音量は取れ音色もまあまあ。駆動力があった方が音は良いと思いますが、穴さえ開ければ透明感のある明瞭な音色なので駆動力が小さくても十分きれいな中音域を堪能できます。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

1月1日~14日までのメモは1月アーカイブからご覧ください。