「 2019年03月 」一覧

[レビュー] Yinyoo D2B4 (1) リケーブル推奨!響きが気持ち良い中低音寄り

レビューを見たWTSUN Audioさんがプロモーションコードをくれました!AmazonのD2B4が更に5%OFF⇒PWE8D5AQ(2019/12/31 23:59まで)

合わせ買いで10%OFFが付くYYX4810はD2B4との相性が非常に良いのでおすすめです。

福袋として販売された時にスルーしたのでとりあえず当面は買うつもりのなかったYinyoo D2B4、ケーブル無料キャンペーンとクーポンでなかなかお得だったので結局買ってしまいました。D2B4はロット改変が行われたようで、現在AliExpress販売分は新ロット、Amazon販売分は在庫限り初期ロットだそうです。本レビューは初期ロットのレビューです。

Yinyoo D2B4の画像

レビュー第1回は箱出しからエージング終了後までレビューして行きます。エージング後&付属ケーブルの最終評価だけでよろしければ『エージング200時間~』から後ろだけご覧ください。

  • 中華イヤホンには個体差・ロット差があることも。必ずしも本レビューと同様の音が出るとは限りません。
  • イヤーピース変更の提案もしていますが、耳の形状によっては必ずしも私と同じ感じ方になると限りません。ご了承ください。
  • イヤホンレビューの見方や用語の説明などは『当ブログのイヤホン・ヘッドホンレビューの見方(2018/10/24版)』をご覧ください。

製品仕様

  • ブランド:Yinyoo
  • 型番:D2B4
  • ドライバ構成:4BA+2DD
  • インピーダンス:19Ω±20%@1kHz/1mW
  • 感度:102dB±3dB@1mW
  • 再生周波数帯域:20Hz-40000kHz
  • ケーブル端子:mmcx

AliExpressで不良品が届いた場合は英語で問い合わせる必要があります。また、迅速に交換返品に対応してくれるとは限りません。自信のない方・保証が欲しい方は割高でもAmazonでの購入がおすすめです。

  • 低域は10mmグラフェンドライバー採用
  • 中・高域はそれぞれデュアルBA
  • ハウジングはアルミニウム合金をCNC削り出し

外箱はYinyooの青箱です。

Yinyoo D2B4の外箱の画像
外箱は最近のYinyooの青箱

同梱物はケーブル、イヤーピース2種類各3サイズ、ケースです。付属イヤーピースは開口部の広いやや薄いシリコン(ブラック)と開口部がやや狭めで傘の柔軟性があまりないシリコン(半透明グレー)の2種類が付属します。

Yinyoo D2B4の同梱物の画像

ハウジングの角は面取り部分がシルバーの縁取りがされていてなかなか高級感があります。LZ A6みたいな感じです。

Yinyoo D2B4のハウジング拡大画像1
シルバーの縁取りで高級感あり。

ステムにはイヤーピース用の段差がついているのですが中途半端な位置にあるため、かなり奥までイヤーピースを入れ込む必要があります。ハウジングがツルッとしたコーティングであることもあって滑りやすく、段差にかかる手前で浅く止めてしまうと耳に残ることが多いです。

Yinyoo D2B4のハウジング拡大画像2
ステムの長さは十分ですがイヤーピース止めの位置が悪いです。

LZ A6とBGVP DMGを足して少しアレンジしたようなデザインですね。

Yinyoo D2B4のハウジング拡大画像3
ハウジング表面にはなだらかなウェーブが。

大ぶりに見えますが内側が耳に沿う形状をしているので意外と装着感は良いです。

Yinyoo D2B4のハウジング拡大画像4
やや厚みがあるので耳からはみ出る部分はあります。

左からLZ A6、Yinyoo D2B4、BGVP DMGです。

LZ A6、Yinyoo D2B4、BGVP DMGのハウジングを並べて比較した画像1
左からLZ A6、Yinyoo D2B4、BGVP DMG
LZ A6、Yinyoo D2B4、BGVP DMGのハウジングを並べて比較した画像2
左からLZ A6、Yinyoo D2B4、BGVP DMG
LZ A6、Yinyoo D2B4、BGVP DMGのハウジングを並べて比較した画像3
左からLZ A6、Yinyoo D2B4、BGVP DMG

音質

商品説明

AmazonのYinyoo D2B4の商品ページには以下のように書かれています。

  • 全ての周波性能と音空間を描き出す事を向上させ驚くほどの原音再生
  • 超高域のBAは解像度が高く、厚みを感じさせながらも余計な膨らみのない、自然な音
  • 空間描写、正確無比なアタック描写
  • 分離感が良く濃厚なサウンド

箱出し

箱出しからくもった印象もなく良好でしたが、エージングで変化がない中華イヤホンは過去経験がないのでエージングします。

エージング200時間~

エージングで音の広がりが抑えられました。おそらく低音が締まって伸びが適度に抑えられたんだと思います。箱出しではちょっと広がり過ぎと感じることもないではなかったで良い変化でした。

付属イヤーピース(ブラック)

高音域の音量
3.8
★★★★★
★★★★★
中音域の音量
4.0
★★★★★
★★★★★
低音域の音量
4.1
★★★★★
★★★★★
アタック感*
4.2
★★★★★
★★★★★
  • 「アタック感」は低音のアタック感の音量的な強さです。
  • 中低音寄り
  • 高音は不足なし
  • 中音域に凹みあり
  • 低音は厚みあり
  • ボーカルは少しだけ離れ気味
  • 反響(残響音)がある
  • 分離が良い
  • 定位は普通
  • 音場はやや広め

周波数特性チェック用のスイープ音源で耳で聞いてチェックした限りでは、低音域≒中音域≧高音域です。各音域間の音量差は大きくはなく、低・中音域には緩い波があり、高音域の凹凸は高音の主張が強くなり過ぎないようにコントロールされているようです。

高音域は全体の中ではわずかに控えめですが、出て欲しいだけ主張しつつ耳障りな高音を感じないなかなか上手いバランスです。きれいだと感じられるきらびやかさも感じられるもののやや落ち着いた音色です。

中音域はブラックの付属イヤーピース(以下、ブラック)ではわずかに凹みを感じ、少し下がって聞こえる音があります。情報量はやや多いです。ブラックのように中音域があっさりしがちな開口部が広いイヤーピースでも、D2B4では本来の音に艶やかさがあるからか比較的自然に感じるレベルを保っています。

低音域はやや濃く厚みがあり、しかし重過ぎず濃厚過ぎず。低域を担当するグラフェン振動板の特徴はレスポンスが良く立ち上がりが早くスピード感のある音色が出せることらしいのですが、D2B4では全体的に響きと伸びがあるからかキレは適度です。

低音のアタック感は音量的に主張が強いと感じるほどではなく、フラット傾向のイヤホンよりは強め、ドンシャリよりは弱めと感じるくらいです。きちんと密度を感じる音が出ています。

音の距離感は凹みを感じる中音域の一部を除くと普通なものの反響があるので音場はやや広めに感じられます。ブラックは付属半透明グレーイヤーピース(以下、半透明グレー)ほど顕著には響きませんが、人が話しているだけの音源で確かめるとやや膨らんで余計に音が伸びているようです。

伸びや反響は分離の邪魔にはなっていません。しかし定位についてはやや甘く感じる楽曲もあります。

ボーカルは少しだけ離れ気味です。演奏とボーカルとの分離が良いので埋もれてしまうことはないようです。人の声も少し低音寄りで、実際よりもやや落ち着いたトーンだと思います。

情報量は中音域で多く、高・低音域はこの価格帯のイヤホンと付属品との組み合わせとしては普通もしくはちょっと良い程度です。解像度もやや高めだと思います。

テンポが早くスピード感のある楽曲では物足りなさを感じることがありました。伸びやかさが欲しい楽曲との相性は非常に良いと思います。

付属イヤーピース(半透明グレー)

高音域の音量
3.8
★★★★★
★★★★★
中音域の音量
4.0
★★★★★
★★★★★
低音域の音量
4.0
★★★★★
★★★★★
アタック感*
4.2
★★★★★
★★★★★
  • 「アタック感」は低音のアタック感の音量的な強さです。
  • ブラックより高音の主張が控えめ
  • ブラックより反響する
  • 高音域の情報量が多め
  • 高音域の解像度が高め
  • ブラックより中音域が艷やか
  • ブラックより分離が良い

ブラックとはわずかに音のバランスが違い、中音域=低音域≧高音域だと感じます。高音の主張がブラックよりも控えめです。中音域の凹みがブラックよりも浅く感じられます。

半透明グレーはブラックよりも強めに響きます。人が話しているだけの音源でもやや響いているのが分かるため苦手だと感じる人はいると思います。しかし響き方の種類がブラックとは異なり、音の伸び方がクリアで見通しが良く、ブラックよりも明瞭です。

膨らみが抑えられ明瞭になったおかげで高・低音域の情報量が増えたように感じられ、解像度も向上します。

分離はかなり良く、しかし分離が良すぎるのが苦手な人には分かれ過ぎていると感じられるかもしれません。楽曲によっては響きに紛れるため、ブラックよりも定位が甘く感じられることがあります。

中音域は艷やかですが、ボーカルに限っては艶っぽいわけではなく、わりと自然で落ち着いた声に聞こえます。ただし前述した通り反響があるのでボーカルもやや響きます。

その他

アンプとDAPの使用

6ドライバということもあってスマホでは駆動力不足が原因とみられるこもり感があります。スマホ直挿しやチープな再生環境ではおすすめしません。

やや大きめポタアンと小型DACケーブルで確認した限り駆動力に関わる音質差は大きくなさそうな気がするので、数千円の安いアンプでも概ね満足できるのではないかと思います。

装着感

ハウジングの内側に耳の形に沿う凹凸がありステムの長さも十分なので、装着感は悪くありません。小振りではないので耳に当たる部分はありますが、当たって痛いということはなさそうです。個人的には長時間の装着にも問題は感じませんでした。

音漏れと遮音性

付属イヤーピースの遮音性は普通です。ハウジング内側にベント(音抜け穴)が2ヶ所開いているので音漏れはありますがそう大きくはないと思います。

Yinyoo D2B4のハウジング拡大画像5(ベント側)
内側に2ヶ所ベントがあります。

付属ケーブル

見た目はゴムゴム感がありますが使っていてもちょっと滑りが悪い程度で取り回しの悪さはさほど感じず、タッチノイズも大きくありません。ただちょっと張りがあるきしめん状なため、しまう時に面に沿って巻かないとちゃんと丸まってくれません。

Yinyoo D2B4の付属ケーブルの拡大画像
付属ケーブルは2本をくっつけてきしめん状になっています。

付属ケーブルは音が響きやすいタイプだと思います。D2B4にはちょっと実力不足です。そのためリケーブルするとかなり音質向上します。Amazonで販売開始されてすぐにケーブル無料キャンペーンが行われており、豪華にYYX4810(通常価格8,500円のOCCリケーブル)が対象になっていました。D2B4との相性は良く、この時にセットで購入できた人はとてもラッキーだったと思います。私は間に合いませんでした…。

Yinyoo D2B4とYinyoo YYX4810(7N-OCCリケーブル)との組み合わせの画像
YYX4810はちょっと太めですが音質はお値段以上。おすすめリケーブルの1本です。

BGVP DMGとの比較

Yinyoo D2B4とBGVP DMGを並べた画像
左はBGVP DMG、右がYinyoo D2B4

BGVP DMGと構成が同じ(パーツが同一かは不明)なこともあり音を比較されるようですがバランスは異なり、DMGの付属ケーブルとイヤーピースを使用しても同じ音ではありませんでした。

低音のアタック感は明らかにDMGの方が音量的に強く、中音域はD2B4の方が出ています。

高音域はD2B4の方が控えめながらも出て欲しいところは出ていて、DMGよりもバランスが良いと感じます。DMGは高音域がちょっと惜しいんですよね。

中音域はDMGの方が生々しさやリアリティがあります。しかしDMGはボーカルがD2B4より下がっていて、演奏に負けないギリギリくらいに聞こえることもあります。D2B4の中音域は艶があり、DGMよりはボーカルが近くに来ます。

低音域はDMGの方が魅力的です。しかし音量バランス的にも強めなため、特にリズムを刻む低音が強い楽曲では主張が強すぎると感じる人もいるのではないかと思います。D2B4はDMGよりはフラット傾向に寄っていてドンシャリっぽさは強くありません。

D2B4にはベントがあることで音の抜けが良く、ベントのないDMGよりも開放感のある音色です。D2B4の音の響きを邪魔しないので閉塞感がありません。

総評

D2B4の音は厚みとやや濃さのある中低音寄りで、高音域は音量的にわずかに控えめですが刺激も不足も感じないように非常に上手くコントロールされています。中音域は艷やかで、低音域は重厚過ぎず、残響音が気持ち良く響いて閉塞感のない音色だと思います。

付属ケーブルでは落ち着いた音色で、高音成分が多く含まれる楽器以外はワントーン暗めです。尖った音がないので耳触りが良く、装着感も悪くないので長時間の使用に向いています。

反響を抑えにくいイヤーピースではただ人が話しているだけの音源でも声が響いているのが分かります。D2B4そのものの残響音に加え、付属ケーブルも響く原因のひとつです。また、付属イヤーピースも反響を抑制しにくいタイプです。気になる場合はイヤーピース変更もしくはリケーブルすることで程良く抑えることができます。

ですが分離が良いのでちゃんとイヤーピースが合っていれば伸びや反響で見通しが悪く感じることはなく、角のないマイルドな音色ながらぼんやり感のない輪郭です。

付属ケーブル+付属イヤーピース(半透明グレー)で私が特に気持ちよく聞けたのは教会音楽です。アタック感の強さは必要なく、厚みはないよりはあった方が荘厳さが感じられ、伸びと反響が欲しい音楽なので相性が良かったです。

おすすめイヤーピースについては次回レビュー予定でまだ評価中ですが、付属ケーブルとの組み合わせで残響音を軽く残しつつバランスが良く幅広い楽曲に合わせられるのはJVCスパイラルドット辺りでしょうか。激しさを要求する楽曲でなければ大抵バランス良く鳴らしてくれていると感じました。ノリの良さを求めるならばもっと締まるタイプのイヤーピースが良いでしょう。

付属ケーブルはD2B4の実力を発揮しきれておらず、リケーブルすることで明らかに音質が向上するのが分かります。

キャンペーンが実施されていたYYX4810(7N-OCC)との相性は非常に良く、響きを拾いやすい付属イヤーピース(半透明グレー)との組み合わせでも響き過ぎず、適度な伸びと艶やかさを両立しつつ、リアリティが向上します。

ボーカルが少し遠いと感じるならYYX4807レビュー記事)などのミックス線にリケーブルすると中音域が出てボーカルの音量を上げることができます。メリハリアップしたい場合にもおすすめです。高音の主張が強まるので高音を変えたくないなら合わないかもしれません。

中低音寄りでバランスの良いイヤホンを探している人、刺激的な高音は必要ないがきらびやかさは欲しい人、でも派手さは求めていない人におすすめできます。リケーブルもイヤーピース変更もしないならばこれに加えて響く音色が好みな人におすすめです。

逆におすすめできないのは、激しさを必要とする楽曲を好む人、ドンシャリ好みでノリの良い低音が欲しい人、明るく元気な音色が好みな人、ボーカルは近い方が好みな人、響く音が好みでなくリケーブルもしくはイヤーピースに追加投資できない人、スマホ直挿しもしくは再生環境がチープな人です。

近過ぎるボーカルが微妙に苦手な私には心地良い距離感なのですが、それでもロックなどではボーカルがもっと出て欲しいと感じることがあります。ミックス線リケーブルでもまだあと一息!と感じることがなくはないので、ボーカル近めなのが好みの人には向かないでしょう。

再生環境については6ドライバなので仕方ないと思います。駆動力が小さいとこもり感が出ますが安価な小型アンプでも十分ではないでしょうか。

Yinyoo D2B4のレビュー第2回はおすすめイヤーピース編の予定です。D2B4はノズルの中間に段差があり先端がつるっとしているので抜けてしまったり位置の調整が効かないイヤーピースが多いので、何でも良いわけではないようです。

AliExpressで不良品が届いた場合は英語で問い合わせる必要があります。また、迅速に交換返品に対応してくれるとは限りません。自信のない方・保証が欲しい方は割高でもAmazonでの購入がおすすめです。