イヤホン関係メモ 2022年02月

最新のメモはイヤホン関係メモトップページからご覧ください。

TRIPOWIN X HBB Olina(Amazon/AliExpress)は24時間以上鳴らして高駆動力な機器で高音側に寄りにくくなったようなそうでもないような。箱出しよりも低音が重厚になったようには感じますが装着位置の誤差かも?箱出し直後でも満足度は高かったのでムリに時間を取らなくても良さそうではあります。ツイート

今日から開始された期間限定セールでAmazon期間限定セール情報を更新しました。
⇒『期間限定セール|セール&キャンペーン情報

TRN MT1 PRO発売。TRN MT1と同じくシリコン結晶複合振動膜を採用した10mm二重磁気DDを搭載した1DDイヤホンです。背面の丸い金網部分はベントなようです。商品説明にも「セミオープン」と記載されています。
TRN Official Store $12.54-13.52 / TRN Promo Discount Store $12.54-13.52

TRN Official Storeでも販売開始されたので↑TRN MT1 PROの発売情報に情報を追加しました。

KBEAR Official Store販売のKBEAR KS1を購入するとビンドゥンドゥンキーホルダーをプレゼントしてくれるそうです。また、FacebookのKBEAR公式をフォロー&KBEARの投稿を他のグループにRT、リプ欄に欲しいカラーを記載しておくと6名にKS1をプレゼントとのこと。⇒告知ツイート

Wooeasy Earphones Store販売のKBEAR KS1を購入するとビンドゥンドゥンキーホルダーをプレゼントしてくれるそうです。また、限定50名に$3クーポン、3名に$10クーポンをプレゼント。クーポン有効期限は7日間です。更に、@hulang9078をフォロー&告知ツイートをRTでKS1(クリアブラック)を3名にプレゼント。

ビンドゥンドゥンキーホルダー、中国政府がパラリンピックの後押しと戦争の目くらましのため企業に配ってたりするんでしょうか…。

IKKO OH2(Amazon/AliExpress/HiFiGO)の付属ケーブルはOH2の音色をかなりすっきりさせており、味付けの薄い銅線ケーブルで聴くと低音にはもっと太さと量があります。何本か試してみましたが解像度の面では付属ケーブルはかなり相性が良いです。ツイート

大抵は太くて濃い音色になります。リケーブルする際は低音をかなり削らないと解像度が落ちやすいです。すでに合わせた他に思い当たるケーブルは2pinしか持っておらず試せていませんが、味付け薄めなまま解像度高めとなると高駆動力+付属ケーブル+スパイラルドット++(公式/Amazon)がベストなのかも。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

KZ ZESがAliExpressセラーからも販売開始されています。KZ ZESの発売情報に追記しました。

AliExpressセール価格情報(中華リケーブル2)』を公開しました。TACable(HAKUGEI)、OPENHEART、BQEYZ、BGVP、JCALLYの一覧を掲載しています。

当ブログトップページの一覧に普段の記事だけでなく本ページアーカイブや価格一覧表ページなども表示されるようにしました。

↑↑の『AliExpressセール価格情報(中華リケーブル2)』のURLが間違っていました。すみません…。修正しました。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。タイムセールページがバグり気味なため不備があるかもしれません。後ほど再チェックして修正する可能性があります。ご了承ください。⇒セール&キャンペーン情報

Linsoul(公式)とAliExpressのDD-Audio(AliExpress)ではTRIPOWIN MeleとTRIPOWIN Jelly(Amazon/AliExpress)のセットオプションが用意されています。Jellyは低音減衰傾向のケーブルなので、低音の量が多すぎると感じる人向けに用意したんでしょう。確かにかなり相性が良いです。ツイート

Jellyは沈み込みが衰えやすく、Meleでは18Hzまで聴こえていたのが20Hz近くまでに衰えます。しかし20Hzなら十分ではあり音楽を聴いているぶんには沈み込みはかなりキープしています。低音の量は減りすっきりと見通し良く、残響がより聴き取れるようになり抑揚の再現度が向上します。

高駆動力で凹みやすいボーカル帯域が出てきてくれ、軽く前寄りだった定位中心位置が少し下がり定位中心がちょうど耳の位置くらいになりました。付属イヤーピースのままでも十分アリな組み合わせだと思います。

今日の9:00から28日23:59までAmazonタイムセール祭りが開催されます。ポイント還元キャンペーン(要エントリー)も同時開催されます。

KZ ZES発売。少し前にKZから直接サンプルをもらった提供レビュアーのレビューが出ていた製品です。まだAliExpressには出品されていない模様。6.8mm自称EST*1と12mmDD*1の2DD構成です。性懲りもなくまたESTと掲載していますがZEXなどで搭載されていた低電圧ドライバーなのではないかと。1BA追加したZEX/CRNでBAがコントロールしきれていなかったので結局また抜いたんでしょうか。12mmDDはKZイヤホン初搭載かと。[追記] AliExpressのセラーでも販売開始されました。
GK Official Store 4,600円(中国発送)/ KZ Promo Discount Store $30.00-31.00+$3値引き / KZ Official Store $32.00-32.99+送料$1.60 / LuckLZ Audio Store $31.99-32.99

NiceHCKからマイク付きL字プラグの4芯銀メッキ銅ケーブル発売。現時点での在庫は2pin 3.5mmのみです。⇒NiceHCK Audio Store $11.69+プロモコード[FEJSU3CEWLHU]

タイムセール中のNICEHCK C4-2/C4-3に15%OFFクーポンが重複中です。

TRIPOWIN X HBB Olina(Amazon/AliExpress)の箱出し付属ドーム型(開口部広め)イヤピではすっきりしつつも厚みがあるニュートラルもしくは機器によってはやや中高~高域寄り。低音も十分ですが高駆動力なほど低音が締まりすぎるようで聴こえる周波数最下限が上がりバランスが高域側に寄りやすいです。ツイート

ドライバーの構造がMele(Amazon/AliExpress)とは異なるらしいのとしっかり高音が出ているからかMeleよりもやや金属ハウジングに響いていますが、ハウジング素材に十分な厚みがあるようで気になるほどではありません。

フェイスプレートが箱出しから傷ついていたのが残念。表面の処理はMeleと同じに見えますがMeleは購入半月以上経ってまだ傷ついていませんし、梱包前にがっつり何かに擦れたのかな。残念…。

↑のツイートにわざわざHBB氏のアカウントからお詫びのリプをくれました。日本語だったので英訳しやすそうな日本語で返しましたが英語の方が良かったのかな。内容は伝わったみたいですが。少し前に作られた日本語アカウント@BadguyReview の方は日本語のHBBコラボイヤホンについてのツイートに積極的に反応しています。日本向け広報用アカウントってことみたいですね。中の人はHBB氏本人ではないのかも。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

HBB氏(@HawaiibadboyB)もわざわざDMをくれました。@BadguyReview は彼&彼の日本語をサポートしている人で運用しているっぽいです。”KZ DQ6SはこれまでのKZにはなかった音だけど、紛れもなくKZの音だね!”と送ったら喜んでもらえました。やっぱりKZサウンドをちゃんと意識していたのかな。気さくないい人でしたよ。←ちょろい

明日9:00から28日23:59までAmazonタイムセール祭りが開催されます。ポイント還元キャンペーン(要エントリー)も同時開催されます。

KZ x HBB DQ6S(Amazon/AliExpress)のエージング終了。左右差でR側が超低域~低域が微妙に弱いのが気になっていましたがエージングではほとんど改善されませんでした。いつものKZ程度ではありますが、DQ6Sのチューニングはかなり好みなだけに惜しいです。ツイート

EQは20Hz以下も普通に対応してくれるようになって欲しいな~。20Hz以下は聴こえない人の方が多いとは言えそれを言ったらハイレゾどうなのという話になりますし、最近は公称再生周波数5Hzからのイヤホンも出てるわけで20Hz以下も20kHz以上も調整できても良さそうなもんですが。

AmazonのHiFiHearにTinHiFi T3 Plusレビュー)がAmazon倉庫発送で入荷、8,999円+8%OFFクーポン発行中です。現時点ではAmazon最安です。

本日午後になってからナイコム(GRADOやTHIEAUDIOの代理店)を騙るメールが送信されているとナイコムがツイートしています。添付ファイルやリンクを開かないようにご注意ください。

okcscから4芯銀メッキケーブルA2(Amazon)のプレゼント。TRN A2(AliExpress)と同等製品だと思います。応募方法は@okcsc_carolwongをフォロー&告知ツイートをRT、締め切りは3月3日です。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。用事があるので今日は少し早めの更新です。セールキャンセルされる商品があるかもしれません。ご了承ください。⇒セール&キャンペーン情報

JAPAEARからJEG-999(公式/eイヤホン)のプレゼント。応募方法は@JAPAEAR1をフォロー&告知ツイートをRT、締め切りは3月31日23:59です。

HBB氏チューニングイヤホンの評価が高いことからかTRIPOWIN Olina(Amazon/AliExpress/LINSOUL)のAmazon倉庫在庫がかなり減ってきてしまったので買っちゃいました。Amazon在庫は残り4個です。なおL.Sオーディオはサポートの評判が良くありませんのでAmazonで買って不良品なら交換を依頼するより返品、Amazonに在庫なしなら公式のLINSOULやAliExpress DD-Audioで買った方が良いかもしれません。提供レビュアーには親切らしいと聞きますけどね…。

少し前にオーディオマニアではない人のツイートがプチバズったアシダ音響のヘッドホンST-90-05(Amazon)は案の定転売屋の餌食になっています。発端ツイートも転売ヤーかなと思ってましたがそうでなくとも目をつけられるとこうなっちゃいますね。本来の価格は6,380円ですのでご注意ください。また、限定品などではありませんので待てば買えるはずです。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。用事があるので今日は少し早めの更新です。セールキャンセルされる商品があるかもしれません。ご了承ください。⇒セール&キャンペーン情報

タイムセール中のCCZ Melodyが550円OFFクーポンと重複中です。限定数が少なく残り6個なので購入検討中ならお早めに。

今朝のイヤホンはBLON Cardinal(廃盤)です。海外で非常に評価の高いBLON BL-03(Amazon/CN/AliExpress)よりも以前に発売されたBLONのイヤホンです。2018年の終わり頃の発売で、おそらく2019年夏頃にはディスコンだったんじゃないかと。日本では持っている人は少ないと思います。10mmDD採用、mmcxリケーブル可、樹脂ハウジングです。DDの振動膜材質はBL-03と同じくカーボンですが型も同じかは不明。

低音を引き締めるために駆動力が必要です。高駆動力な機器と合わせるとかなりリアルな音を鳴らします。一度それを聴くと並のポタアンでは少々物足りません。

張りがあり音量的には強すぎず重すぎない低音と、わりとしっかり強く出ているのにキンキンしない高音。トーンジェネレーターで確認すると聴覚上は高音のピーク高め弱ドンシャリくらいの周波数特性です。解像度は比較的高く、抑揚の再現が良好です。

伸びが良く音場はやや広めでボーカルは自然な範囲で厚みがあります。この価格帯としては歪みが小さく、ノイズ耐性高め。基本的には気に入っていますが、強いて言えば重くなりすぎないようにチューニングされていることで逆に少し重さが欲しいように感じることはあります。

日本からの購入者が少ないため中古市場に見かけませんし今では入手困難です。出来は結構良いと思うんですけど…なんであまり話題にならなかったんだろう。駆動力不足だとボワつき気味なのでそのせいでしょうか。少なくとも日本ではBLONはBL-03で一気に名前が知られたところはありますし、当時はまだ知名度が低かったのかな。

IKKO OH2(Amazon/AliExpress/HiFiGO)との比較のためフラット~ややカマボコ傾向のイヤホンをいくつか聴き直しています。私が所有するものではほとんどが1BAイヤホンです。バランスだけで言えばOH2(1DD)は低音不足でないフラット~カマボコ気味1BAイヤホンに更に低音を盛った感じです。ただし解像度は大抵OH2がやや劣っています。

こうやって聴き比べてみるとモニター用途に向くと言われる製品にBAイヤホンが多く、解像度を安価に上げるためにDDではなくBAを足してハイブリッドにする理由はなんだか納得できますね。高解像度な1DDイヤホンもありますが安価なものでは聞きませんし、低価格帯の1DDイヤホンでモニター系を目指すことがほとんどない理由もこの辺にあるんでしょう。

久々に出したNuFource HEM1(廃盤)のケーブルがプラグの中からがっつり緑化していました。ほとんど日が当たらない場所に置いてあったんですが…。見た目が似た別のイヤホンの付属ケーブルも遮光ケースに入れていたのにかなり緑化していました。緑化しやすい種類があるんですかね?

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

AmazonのLuckLZの期間限定セール商品に15%OFFクーポンが復活重複中です。⇒期間限定セール|セール&キャンペーン情報

今日のイヤホン1本目はfinal E3000(公式/Amazon/eイヤホン)です。中華イヤホンファンにも人気が高いですがfinalは日本の会社です。E3000は低音の量がやや多めで高音の刺激は控えめなフラット傾向でリスニング向き。若干音が近めで音場はあまり広くはなく奥行きも相応なものの、ちゃんと立体感はあります。金属ハウジングのわりに響きません。

高音成分少なめの落ち着いた音色で聴きやすく、ゆったりした楽曲との相性が良いです。付属イヤーピースのfinal TYPE E(ブラック)との相性も良いと思います。

しかし私には一番大きいサイズでもおそらくベストポジションより微妙に深めになっており、AET07でチェックすると私の耳ではfinal TYPE E(ブラック)では本来の音色よりも少しだけ高音が弱り低音側に寄っているような気がします。ベストな音で聴けていないためか当初から使用頻度は低めで、最近はあまり使っていませんでした。

購入時に比較したときにはなんだかんだでfinal TYPE E(ブラック)がベストだと感じましたが当時よりも市販イヤーピースが豊富になっていますし、他のイヤーピースも試してみたいところです。

音量は取りづらく、高駆動力で鳴らさないとぼやっとします。アンプ必須です。タッチノイズは昨日ご紹介したMOONDROP SpaceShip(公式/Amazon/eイヤホン/ヨドバシ)と比較するとだいぶ小さめですがリケーブル不可のストレートタイプなので多少はあります。

オンキヨーってまだコラボイヤホン出すんですね…。今回はブルーピリオドコラボだそうです。ブルーピリオドは美大受験描写にリアリティがあるらしく当時を思い出して疲れそうなので完結したら一気に読もうと思っています。⇒『ONKYO DIRECT|E720BT ワイヤレスイヤホン ブルーピリオド コラボモデル

eイヤホンからFiiO BTA30 Pro(eイヤホン)を抽選で1名にプレゼント。応募方法は@e_earphone@FiiO_Japanをフォロー&告知ツイートをRT、応募締切は3月6日です。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

Amazon期間限定セール情報を更新しました。LuckLZは一部15%OFFクーポン重複が外れてしまっています。⇒期間限定セール|セール&キャンペーン情報

HBB氏のYoutubeチャンネル(Youtube)がロックされています。昨日のうちに何者かにGoogleアカウントの2段階認証を突破された模様…。⇒HBB氏のツイート

今日のお仕事イヤホンは久々にMOONDROP SpaceShip(公式/Amazon/eイヤホン/ヨドバシ)です。聴覚上はわりとフラット傾向、低音の沈み込み良好で量は適度、高音はすっきり。金属ハウジングには適度に高音が響きます。

楽曲は選ばないタイプですが高駆動力な機器では微妙にハイ上がりになってボーカルの高音成分がわずかに多くなることがあります。ですがバランスを大きく崩すほどのハイ上がりではありませんし、タイトなのが好みでボーカル曲をあまり聴かないならアンプありでややシャープな音色に寄せて聴くのも良いと思います。ほどほどの駆動力で鳴らしてやると適度に柔らかくも鮮やかな音色です。

ちなみにSpaceShipは長めのエージングと耳への深め挿入を推奨されています。エージング前は低音が控えめにしか鳴りませんし、耳への挿入が浅いとこれまた低音を十分に引き出せません。

結構好きな音なのになんであんまり使ってなかったんだっけ…と思ったら、そうだ、欠点はタッチノイズです。私は喉が弱いため特に冬は襟に高さのある部屋着を着ていることが多く、作業しながら使うと結構ゴソゴソうるさいんでした。しかしこのタイプの細めケーブルのイヤホンにタッチノイズはまあまあ付き物なので仕方ありませんね。

AmazonのCCA Official StoreCCA CRAが入荷、プライム発送可能です。CRAの付属ケーブルは初期ロットがOFC、それ以降は銀メッキケーブルに変更されています。CRAについてはエージング後にツイートしています。ツイート

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

2月25日から発売予定のeイヤホン・ラボの新ケーブル「Iolite」の紹介記事に古河産業の担当者とのやり取りが掲載されており『(PCUHDが)実際に量産される製品で採用されるのは私の知る限りでは初めてだと思います。』だそうで、デスヨネーって感じ。NICEHCK ForX(Amazon/AliExpress完売)は古河PCUHDと宣伝されており、まあ信用はしていませんでしたがやっぱりでした。

PCUHD導体を取り扱っている会社は他にもあるようですがForXの説明文には”Furukawa”って書いてますしねぇ…。HCKも騙されている可能性はありますが、”Furukawa”アピールの他のケーブルも違うんでしょう。⇒『e☆イヤホン・ラボ新ケーブル 「Iolite」古河産業のPCUHDを贅沢に採用した魅惑のケーブルに迫る!- eイヤホンのブログ

TRNから発売予定のBAXのイメージCG(TRN Official Storeのツイート)を見るにちゃんと低電圧静電ドライバーが積まれているのでは、と噂になっていますね。でもあの画像も実物写真ではなくイメージCG画像ですし…。ハウジングを殻割りして開けてみたら違ったなんてこともあり得るでしょう。どこまで信用して良いのやら。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

KZ x HBB DQ6S(Amazon/AliExpress)と一緒にKZのケーブルも買っていたのですが1本不足があったため返金手続き中です。ここ1年くらいでセラーは返金にOpen Disputeを指定してくるようになりました。以前はOpen Disputeされるのを嫌っており、Open Disputeによってセラーにペナルティが付くという噂もありました。AliExpressの運営方針が変わったのかもしれません。

不足品や交換品があった時の再発送に追加の注文を頼まれることも増えました。たまに「指定されない場合は買わないで」と書かれている内容の記載がない$0.1くらいの商品がありますよね。あれを注文して追跡番号を取って欲しいと言われます。以前とは違って注文実績がないとAliExpressの倉庫が発送してくれないのかもしれません。

AliExpressでは年に2回の大規模セールが開催されています。11月11日からの11.11独身の日セールと、3月下旬のAnniversary Saleです。Anniversary Saleは創業祭的なセールです。知る限り中止になったことはないので今年も実施されると思います。AliExpressの創業月は4月だそうですが、おそらく中国の決算月も日本と同じ3月末なためこの時期なのかなと。時間の都合によほど問題がない限り来月のAnniversary Saleの際はイヤホンとリケーブルの価格表も更新する予定です。

情報を頂いてからちょっと時間がかかってしまいましたが、『Zishan Z4の機能と操作手順』の記事を更新、Cayin CS-40TC35(製品情報/Amazon)で同軸出力されることを確認して追記しました。おじまさん、情報ありがとうございます!⇒『[追記] – Zishan Z4の機能と操作手順

Google検索結果が劣化していると言われ始めてずいぶん経ちますが、当ブログに設置している検索窓からの検索もポンコツになってきました…。おそらくGoogleが検索結果を間引いている影響で検索文字列にヒットするページがあっても検索結果に表示されません。困った。WordPressデフォルトに戻すか検討中です。⇒『「Google検索は死んでいる」という指摘 – GIGAZINE

TRIPOWIN & HBB Mele(Amazon/AliExpress)のエージング終了。100時間超えで低音のタイトさと明瞭さが向上、高音もシャープに伸び、箱出し時に楽曲によっては感じた閉塞感が完全に解消、20Hz以下まで聴こえるのはキープしてくれました。少し厚みと濃さがあり深く沈み込む低音が魅力です。高音もしっかり出ています。ツイート

機器が高駆動力なら低音はタイトかつ力強く重めに、高音はよりシャープに、ボーカル帯域は少し凹み気味。低駆動力なら低音が音量的にやや弱ったバランスになりボーカルが前に出てきます。超低域のチューニングとDDの特徴なのか低音の具合が結構変わるようです。

しかしiPod touch直挿しでも低音は痩せず、十分に沈み込み力強さにも全体の厚みにも不満は感じませんし高音が鈍った印象もありません。この感じだとあまり機器は選ばないんじゃないかと思います。HBB氏のチューニングはかなり好みかも。Olinaも買おうかな。

TRIPOWIN & HBB Meleの装着はあくまで私の耳では目安として低駆動力なほど挿入を浅くしていくとベストポジションがあることが多いです。超低域の下の帯域がより下まで聴こえる、低音の沈み込みが最も深い位置に合わせると大抵うまくいきます。位置が悪いと低音がぼやっとして明瞭さが落ちるので、それも目安になります。

TRIPOWIN & HBB Meleは低音に魅力を感じますがグラフェン(コート?)DDが出す高音もかなり良いです。明瞭できれいに伸びています。グラフェンDD採用イヤホンは高音が売りなことが多く、採用実績で中華イヤホンファンによく知られているのはTFZのイヤホンですね。ですが低音が魅力のOpera Factory OS1 Pro(レビュー)もグラフェンDDなので必ずしも高音重視で採用されるわけではないようです。

AliExpressのNiceHCKで福袋として売られていたNICEHCK EB2Sが通常製品として販売開始、Amazonにも入荷しています。
Amazon 2,500円~3,600円 / AliExpress $26.99-27.99

AmazonのLuckLZで以下商品がお買い得です。KZ低電圧ドライバーお試しならZEXがおすすめ。今ならAliExpressで買うよりAmazonの方が安いです。

Amazonで以下商品がお得です。Robinはごく稀にこの価格になることはあるようですがセール頻度はかなり少なめです。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。明日のめぼしいタイムセール商品はありません。⇒セール&キャンペーン情報

TRIPOWIN & HBB Mele(Amazon/AliExpress)は定位中心が前寄りだったのがほんの少し後ろに下がっちゃいました。気に入ってたのでちょっと残念。しかしそれでも少し前方寄りです。寄り具合は機器によって多少異なります。ツイート

低音はややタイトになり明瞭さは向上しています。高音も箱出し時点よりもはっきり鳴るようになりました。比較すると高駆動力な機器で鳴らした音の方が私は好きですがiPod touch直挿しも普通に良いですね。

現在エージング(200時間)終了直前くらいで、100時間経過頃とも違っています。長く鳴らさないと最終的な実力が出ないようです。

KZ x HBB DQ6S(Amazon/AliExpress)はHBB氏が目指す音色を実現したKZイヤホンではなくHBB氏が今のKZと目指すKZイヤホンに仕上がっており、KZへのリスペクトと彼の哲学を感じます。KZらしいのに謎にエモい音色が何を聴いても気持ち良いです。ドライバーの欠点の隠し方が上手い…。ツイート

エージング継続中ではありますが経験上KZのDDはたいてい最初の1日の変化が大きくその後はさほど変わりません。BAならもうちょっとかかりますがDQ6SはBAを積んでいませんし、もう48時間を超えていますので既存DDを搭載しているのならここからは変わってもごく軽微じゃないかと。

KZ x HBB DQ6S(Amazon/AliExpress)を聴いてしばらくは「KZの中の人、ドンマイ…」と思っていました。DQ6SはKZらしい音なのに、これまでのKZイヤホンの欠点の大部分を潰しています。コラボ一発目でこんなに完成度の高い製品を生み出されて、これまでのチューニング担当者はがっくり来ているのではないだろうかと。ですがちゃんと聴いていくうち実際は共に作り上げたという達成感と刺激を得られたのではないかと感じるようになりました。良いイヤホンです。

方やCrinacle氏は全く正反対で、自身の目指す音をKZイヤホンで実現しようとしたんじゃないでしょうか。しかし今のKZドライバーでそれは無理な話だったようです。Crinacle氏はもっとドライバー品質が上のメーカーと組んでコストもかけるべきだったと思います。実際彼はSee Audioとも組んでおり、そちらではうまくやっているようです。

2月25日にFiiO M11 Plus ESSが発売されます。M11 PlusはAK4497EQ搭載限定版でしたがM11 Plus ESSはES9068AS版です。
公式製品情報 / Yahoo! 97,900円 / 楽天市場 97,900円+979ポイント / ヨドバシ 108,780円+10,878ポイント / eイヤホン 97,900円 / フジヤエービック 97,900円

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

final Study 1(発売情報)がAmazonでも販売開始されています。⇒Amazon: final STUDY 1 2,980円(プライム発送可)

Smabat ST-20/ST-20 Pro発売。いずれも1DDイントラコンカ型イヤホンです。ST-20は1DD(Moving coil LCP liquid crystal film)でウォーム系の音色、ST-20 Proは1BA+1DD(fiber membrane)構成でクール系の音色と書かれています。ST-20はインピーダンス50Ω、ST-20 Proは120Ωですので、特にProの方はそれなりに駆動力が必要です。⇒NiceHCK Audio Store ST-20 $129→プロモコード[AR71URXSYF8S]/ST-20 Pro $329→プロモコード[CC9H87PGKD9A]

KBEAR KS1にクリアカラーが追加されました。たまにクリアとそれ以外で樹脂の質が若干違ってクリアは微妙にハウジングに共振が強いことがあります。私が起き耳なせいかもしれませんが。なお音への変化までは比較したことはありません。KS1はどうかな?⇒Wooeasy Earphones Store $17.99-18.99 / KBEAR Official Store $18.99-19.99

AmazonでHidizs公式取り扱いのHidizs MS1 Rainbowのクーポンが3,999円+299円OFFクーポンが799円OFFクーポンになっています。安い。音については以前コメントしています。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

KZ x HBB DQ6S(Amazon/AliExpress)の箱出し付属ケーブル付属イヤーピースで最も低音が沈み込み膨らまない装着位置では低音の量と厚みは絶妙かつ明瞭、高音は刺さらずキツさなく不足なし。下は20Hzまで聴こえ沈み込み十分ですが今のところ深さや重みより量感が勝っています。ツイート

高音が歪まない程度に鳴らして耳障りさをうまく回避している気がします。これにはちょっとだけ付属イヤーピースも影響しているようです。CRNと同様にDQ6Sも付属品でチューニングされているのかもしれないと思えます。

定位の中心が頭の中心耳の位置よりもほんの少し上に来つつ音場にも高さを感じます。今のところ横はそんなに広くないかも。メーカーもドライバーも異なりますがMeleはエージングでこの部分の変化があったのでエージングでもう少し横も広がったりしないかなーと期待。

IKKO OH2(Amazon/AliExpress/HiFiGO)は私の耳と付属イヤーピースではイヤーピースの高さ不足が原因の高音不足で若干ぼやっとしやすいのですが、FiiO X7MK2(AM3D)との組み合わせは悪くありません。X7MK2は高音が刺さる方向にやや強めに出やすく、OH2の高音をうまく補強しています。

なおFiiO X7MK2(公式製品情報)は既に製造終了しています。元々は低価格帯でもありませんが今となってはパワフルとは言い難いですね。最近はだいぶバッテリーがヘタってきました。でも好きなDAPなのでまだ使います。

ネット回線周りが不調です。なぜかつられて(?)PCもちょっと怪しいので自力対処に手間取った場合は突然更新が止まるかもしれません。ご了承ください…。

BAがS付きに変更されたZS10 Proのフェイスプレートがステンレス版のものが欲しくてセラーに確認したり注文したら型番にSが付いていなかったりした件ですが、セラー担当者が1ターンしか記憶のない自動チャットシステムのような回答をする人で話が全然進んでおりません。数ターン前に送ったチャットの文章をもう忘れているような返答を繰り出してくるので対応に怒るというよりもなんていうか不気味…。セラーはCiFi Earphone Storeです。今後はここでは買わない方が良さそう。他セラーよりほんの少しだけ安いことが多いですがトラブった時にわざとこういう対応をしている可能性もあり時間ばかり取られて不快です。

eイヤホンから新製品のSONY LinkBuds(公式製品情報/eイヤホン/Yahoo!/楽天市場)のグレーおよびホワイトを各色それぞれ1名にプレゼント。応募方法は@e_earphoneをフォロー&告知ツイートをRT、応募締切は2月27日です。

KZ x HBB DQ6S(Amazon/AliExpress)は一日鳴らして横への抜けが向上、奥行きが拡張されてきました。期待通りの変化で嬉しい。超低域が深く高音が細らず音場が音が頭の中心に集まらない位置が現時点でのベストポジンションです。ツイート

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

IKKO OH2(Amazon/AliExpress/HiFiGO)の音色は若干味気なく淡々としたところがありますが付属イヤーピースの背が低すぎることも原因じゃないでしょうか。私にとってイヤーピースのサイズを変更するのは耳への挿入の深さ調整も目的ですが、OH2の付属品はサイズを変えても鼓膜からノズル先端の深さが変わりにくいです。ツイート

耳へフィットさせる目的以外を考慮されていない気がします。付属イヤーピースではOH2の高音はやや控えめで物足りなくも感じます。しかし付属イヤーピースよりも鼓膜から距離が取れればたとえ高音が減衰するフォームイヤーピースであっても高音不足が解消する人の方が多いのでは。

OH2の高音が足りない、定位が甘い、むしろ聴いている音源が本来よりも劣化したように感じられるならとりあえずなんでも良いので付属イヤーピースよりも高さのあるイヤーピースを使ってみて、少しでも改善されるようならケーブルや再生環境よりもイヤーピースを厳選した方が良いと思います。

IKKO OH2はイヤーピースもハウジング形状も含めて、OH2を開発したIKKOの中の人達の耳の形状に最適化されすぎているような気がします。IKKO OH1(公式製品情報/eイヤホン)やOH10(公式製品情報/Amazon/eイヤホン/HiFiGO)のあのハウジング形状からもそんな雰囲気は感じていましたが、イヤーピースは普通のドーム型だったのでそこまで気になっていませんでした。

KZ x HBB DQ6S(Amazon/AliExpress)到着。まだ不良品チェックしかしていませんが、Meleと同様にDQ6Sもエモーショナルな音色ですね。かと言って雰囲気重視とか演出的すぎるとか解像度が低いというわけではありません。かなり好きかも。ツイート

ダルマオーディオ CP-86A発売。今のところ取り扱いは公式ストアのみです。仕様は8.6mmDD(独自素材詳細不明)、密閉型、アルミハウジング、リケーブル不可です。商品ページによれば『低音は深く沈み込みつつ、キレがよく、他の音域に邪魔しません。』『ボーカルは低音に埋められずに、楽器の前に浮き出て、クリアに聞こえます。また歌手の声をリアルに再現します。』『高音はフィルターでコントロールしつつ、高性能ドライバーの特性で十分な伸びやかさを持ちます。』だそうです。価格は4,800円、すでに在庫が残りわずかの表示になっています。⇒CP-86A|ダルマオーディオ公式サイト

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

TRIPOWIN & HBB Mele(Amazon/AliExpress)は定位の中心が少し前寄りですね。真横から音が出ている音源でチェックすると耳の真横から10cmくらい前にずれた位置から聴こえてくるような感じです。そのため大抵のイヤホンで頭の中心より後頭部側から聴こえる音が自分を囲んでいるように感じられます。ツイート

映画『Les Misérables』のこの動画を見ると1’33″以降はまるで自分も民衆のひとりになったようですし、ホール録音でステージ前方上部にマイクを吊って録音している音源は最前列気分で気持ち良く聴けそうです。

Etymotic Research ER4S(B?)コピーイヤホン(AliExpress)が話題になっていますね。このメーカー(ブランド?)のエティモコピーは知ってて気になってはいたんですがAliExpressには出ていなかったこともあり手を出してはいませんでした。AliEpxressで買えるならチャレンジしてみようかな…?なお$136-139なので安くもないです。

AmazonのL.Sオーディオで以下商品がお買い得です。他にも値引き品がありますがこれ以外はすごくお得というほどではなさそう。

明日は5の付く日、eイヤホンの中古の日です。eイヤホンweb本店では本日20時から16日11時まで。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。明日のめぼしいタイムセール商品はありません。⇒セール&キャンペーン情報

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒期間限定セール|セール&キャンペーン情報

エージング中のTRIPOWIN & HBB Mele(Amazon/AliExpress)をチェック。昨晩より高音が出てる気が…。DDはグラフェン(たぶんグラフェンコート)で硬めではあるのでここから変わるコースもあり得るでしょうか。エージング途中のチェックでは再生環境と音量は揃えていますが体調や耳の調子が一定なわけではありませんのでたまたまってことはあるかもしれません。とりあえず気に入っていることは確かです。

KZイヤホンをレビューしたり合うイヤーピースとケーブルを探している時はいつも内心KZに「本当はどんなケーブルとイヤーピースを使って開発したのか吐け!」と思っているのですが、KZ x Crinacle CRNはちゃんと付属品を使ったのかも。ツイート

相性の良い機器と組み合わせるなら付属ケーブルと付属イヤーピースはなかなか合っています。以前もツイートしましたが付属イヤーピースはCRN、ZEX、NRAの高音の耳障りさにやや気づきにくいんですよね。これを選んだのは狙ってなのかたまたまなのか…。

ただしKZのこのイヤーピースはブラックもクリアホワイトも低音が若干膨らみやすいため変更した方が明瞭で解像度も高く感じられます。しかしそもそも再生機器との相性が悪い場合はイヤピでもリケーブルでも調整の難易度が高そうです。どう頑張ってもダメな組み合わせもあると思います。

Astrotecから近日発売のりケーブル、ATC1W(発売情報)とATC6(発売情報)がAmazonでも予約販売開始されています。それぞれの発売情報にリンクを追加しました。

AmazonのNiceHCKでNICEHCK C4-2のNX7 2pin(TFZタイプ)4.4mmのみ13,860円→10,080円+15%OFFに値引き中です。Amazonでは過去最安です。今日の時点ならAliExpressのNiceHCK Audio Storeのストアフォロワー価格で買うよりも安いです。ただしAliExpressの大特価セール時の倍くらいはします。

AmazonのLuckLZで以下商品がお買い得です。DQ6はDQ6Sが出たからかクーポン抜きでもかなり値下げされています。以下以外にも15%OFFクーポンが付いていますが、クーポンなしの価格はいつもの価格から変動がない&普段からクーポン付きです。ただし15%OFFクーポンは消えたり値引率が下がることがあります。

Amazonで以下商品がお買い得です。

AmazonでBQEYZ Spring 2が18,500円→プライム価格15,725円のセール中です。なおAmazonの大規模セール時にタイムセール14,000円以下になったことはありますしたまーに普段のタイムセールでこの価格になることはあります。

TRIPOWIN & HBB Mele(Amazon/AliExpress)のエージングは100時間以上経過。装着の加減と音量次第でボーカル帯域が凹み急激に色あせたような音色になることがあります。試した限りでは特定の音量ピンポイントで出やすいです。装着位置を微調整しても改善されないなら音量を変えると改善される可能性が高いです。ツイート

明瞭で、最も沈み込みが深く、ボーカルが凹まず、他の位置角度よりも残響が聴き取りやすくなり音に囲まれたような広がりになるのがベストポジションだと思います。高音がさほど強くないわりに気持ち良いのは楽器の音です。低音の質が良いからでしょうね。

ベストポジションが見つかれば音が耳全体を覆っているような、ドライバーが鳴っているのではなくハウジングそのものがドライバーになったような、音場が広いというよりも広い場所で演奏者のひとりとして聴いているような感覚になることがあります。”Accutune dynamic driver”の効果?

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

TRIPOWIN & HBB Mele(Amazon/AliExpress)はエージング丸3日経過。箱出し時よりも音が少し離れたような。また、最初は使用条件と楽曲によっては分厚い音の緞帳に囲まれたような音がすることがありましたが抜けが良くなりました。半日経過頃はあまり変わっていなかったので多少は長めに鳴らした方が良いかもしれません。ツイート

日本政府がウクライナ全土の危険情報をLv4に引き上げ邦人退避勧告を出しています。ロシアによるウクライナ侵攻が近いとの判断がアメリカから出たことを受け日本としては異例のスピード対応をしたようです。一部ではオリンピック閉会式までもたないとも言われています。今回の政治利用と言い、スポーツと平和の祭典、オリンピックの建前とは…。また、この決定を受けて既に不通のロシアに加えウクライナ周辺国と日本間の郵便物も近日不通になるのではないでしょうか。⇒国・地域別の差出可否 – 日本郵便

ZEX Pro(未所有)以外のKZ低電圧ドライバー搭載機3機種を比較した結果、KZ ZEX(価格一覧)が一番おすすめしやすいです。NRA(価格一覧)は形状の影響なのか温まりにくいため装着し続けていても冷えが原因と予想される耳障りな高音(歪みかも?)が消えづらく、CRN(価格一覧)は機器との相性がありすぎます。ツイート

再生機器の種類が充実しているならCRNも捨てがたいものの装着ベストポジションの都合で私の耳にはイヤーウィングが食い込み気味です。長時間使用は地味に痛い…。NRAは暖かい環境ならアリ。

我が家は寒冷地かつ冬場の室温を低めに設定しているのが仇となりましたが、周波数特性的な出来はどれも良いと思います。ZEXはCRN販売開始後に値下がり傾向でAmazonでもLuckLZなら2,000円くらいで買えますし、KZ低電圧ドライバーのお試しならやっぱりZEXかな。

私は可聴域が下に広いためイヤホンで普段音楽を聴くくらいの音量でも20Hz以下まで聴こえます。CCA NRA(価格一覧)、KZ ZEX(価格一覧)、KZ x Crinacle CRN(価格一覧)の特に優秀なところは超低域が20Hz以下まで出ていることです。少し前の低価格帯は25Hzかもうちょっと下まで出ていればまあまあと言ったところでした。より下の帯域まで聴き取れるくらいの音量で出ていれば良いかというと必ずしもそうではありませんが、これら3機種は超低域~中低域までのバランスも良く沈み込みの深さをなかなか明瞭に感じることができます。

そう言えば↑について1点注意です。数ヶ月でドライバーが変更される可能性は十分あります。CRNはCrinacle氏のチューニング協力モデルですがKZがCRNの製造終了まで今の製造仕様をキープし続けるかは怪しいと思います。CRNが売れ続けるなら途中からKZの都合によりCrinacle氏に無断で変更する可能性は高いです。KZが完全に同じ周波数特性でチューニングし続けたとしても、厳密に見ればドライバーの違いで音は変わります。Crinacle氏が継続的に監視するわけでもないでしょう。

Crinacle氏の動画の中に「企業とのコラボにはリスクがある」「そのメーカーの既存の音とは異なる製品になるからだ」という趣旨の発言がありました。しかし私はコラボの本当の難しさはメーカーとの意思疎通、そして同じこだわりを共有できるかだと思います。

KZ x HBB DQ6S(価格情報)が無事川崎に届いたようです。スムーズに通関できれば来週半ばまでには届きそう。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

KZ ZS10 Pro(価格情報)のフェイスプレートがステンレスでBAがS付きに変更されたロットがないかセラーに問い合わせ、ステンレス/ブラックが該当すると回答があったので注文…したのですが届いたのはBAにSなしの旧ロットでした。楽しみにしてたのに…。問い合わせ中です。ツイート

本日2月11日9:00から2月13日23:59までFASION x バレンタイン タイムセール祭りが開催されます。ポイントアップキャンペーン(要エントリー)も同時開催。

KZ2芯フラットケーブルが付属するイヤホンを今後どうレビューするかお悩み中です。以前ツイートした(その1/その2)通り、このケーブルはまあまあの個体差があります。そのため手持ち本数が少なめな現時点ではまだどれが正解か掴めていません。

これまでの経験から行くと結線漏れがない=超低域が強いのが正解なんでしょうけど、本当にそれで合ってるんでしょうか…。ひとまずは一番音色への影響が小さそうに感じる1本を評価用に使い回すのが安定したレビューを書くことができそうかな?

ちなみに4芯撚り線OFCケーブル時代はそのイヤホンに付属してきたケーブルに加えてこのケーブルと傾向が非常に近いYYX4823(AliExpress)を1本決めて評価に使ってきました。また、細すぎて当てになっていなかった可能性もありますが4芯撚り線OFCケーブルは2芯フラットよりも個体差が小さかったんですよね。

KZ x HBB DQ6S(価格情報)がAmazonからも購入可能になっています。現在はまだどちらのセラーも中国発送です。
GK Official Store 3,350~3,850円+500円OFF / KZ Flagship Store 3,500~3,550円+300円OFF

昨日2月10日にfinal STUDY 1(公式)が発売されています。九州大学との共同研究で人の声が聞きやすくオンライン授業や英会話トレーニングに向くそうです。価格は2,980円。まだfinal公式にしか取り扱いがないようです。Amazonかヨドバシで取り扱いが始まったら予約しようと思っていたんですが予約期間中には他店での取り扱いは始まりませんでした。

ASTROTECから4芯銀メッキOFCケーブル『ATC1W』発売、発売日は2月17日です。現在予約受付中。『AT-C01』の後継品だそうです。mmcx 3.5mmのみ、L字プラグ採用。
Amazon 2,990円 / eイヤホン 2,990円 / ヨドバシ 3,320円+332ポイント / 楽天市場

ASTROTECから8芯6N単結晶銅線+200Dケプラー採用のケーブル『ATC6』発売、発売日は2月17日です。現在予約受付中。mmcx 4.4mmのみ、L字プラグ採用。
Amazon 4,900円 / eイヤホン 4,900円 / ヨドバシ 5,440円+544ポイント / 楽天市場

「佐川急便でーす」と言われて玄関ドアを開けたらヤマト運輸さんが立ってました。転職?ツイート

エージング中のTRIPOWIN & HBB Mele(Amazon/AliExpress)をチェック。半日ほど経過した時点よりも抜けが良くなっています。少しずつですがエージング効果は出ている気がします。

WTSUN Audio楽天市場店でKZ/CCAのイヤホンの取り扱いが始まっています。TwitterのWTSUN Audio 楽天店舗(@WTSUN_Audio_RT)に問い合わせたところ今後は他の商品も増やすんだそうです。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

7HZ ETERNAL発売。”Liquid Crystal Polymer”(液晶ポリマー)採用の14.5mmDDです。”10th Anniversary Earbuds”と書かれており、7HZの10周年記念モデルということのようです。このタイプのハウジングは形状的には起き耳の私には厳しそうですが、普通の耳の方でも相性はありそうに見えます。
Wooeasy Earphones Store $249 / AK Audio Store $249

ONKYOの件でサポート打ち切りになったオーディオ製品が一部投げ売り状態らしいですね。仕方ないか…。

Head-FiのKZ x Crinacle CRNのレビューをざっとチェックしてみました。相性の悪い機器で評価したと見られるレビュアーはいずれも周波数特性上8kHz(私がベストと想定する装着時の聴覚上は7.2kHz付近)のピークが強すぎると書いています。本来はハーマンターゲットカーブを元にフラットかつニュートラルにチューニングしているはずなのに、高域のこのピークと機器との相性が悪い場合にハイ上がりになるせいでバランスはU字で凹む帯域があると評価しているレビュアーもいます。

Cirnacle氏はこれらの評価についてどう思ってるんですかね。彼はまずKZ ZEX ProをCrinacleの名前なしで発表、売れ行きを確認後に名前を出したCRNを発表したそうです。今までのKZとは異なるチューニングがKZファンに受け入れられるのか、自分の名前なしでどう評価されるのか興味があったようです。

しかし実際にはZEX Proの最初期ロット(もしかするとその後も)は彼が指示したチューニングで製造されていなかったのでは疑われる情報も散見、更にCRNには…というよりもCRNに採用されたKZのドライバーには冷えに弱く機器を選ぶという問題点がありました。

Crinacle氏の暫定Youtubeチャンネルに投稿されている『KZ x Crinacle』の動画にも、高音がひどい(たぶん機器との相性)、低音が足りない(たぶん冷え&ハイ上がりが原因)と言ったコメントもついています。

彼はなかなかの自信家のように見受けられますし、おそらく期待した通りの評価を得られていないのではないでしょうか。KZドライバー・KZの製造技術・KZとのディスコミュニケーション・KZファンからの評価のどれが原因になるのかはわかりませんが、彼が今後またKZと組むかは怪しいような気もします。

HBB氏コラボのDQ6Sとは確実に比べられるでしょうけれども、果たして結果はどうなるでしょうか。あちらはDDのみで構成されているので結果的にそれがアドバンテージになるかもしれませんね。

オンキヨーサウンド株式会社とオンキヨーマーケティング株式会社の事業停止に伴い、SHIDO、Klipsch、ONKYO、Pioneer(一部製品)の修理対応も停止するそうです。eイヤホン在庫分についてはメーカー保証なしになるとのこと。⇒『オンキヨーマーケティング株式会社の事業活動停止を受けまして – eイヤホンのブログ

JadeAudio JH3(公式/AliExpress)が国内でも取り扱われるようです。箱出し時エージング終了後にツイートしています。現在予約受付中、発売は2月18日、価格は8,800円です。ちなみにAliExpress価格よりも少々お高め。⇒Yahoo! / 楽天市場 / ヨドバシ / eイヤホン / フジヤエービック

JadeAudio JD3(公式/AliExpress)も国内でも取り扱われるようです。箱出し時エージング終了後にツイートしています。現在予約受付中、発売は2月18日、価格は2,970円です。⇒Yahoo! / 楽天市場 / ヨドバシ / eイヤホン / フジヤエービック

okcscからリケーブルを5名にプレゼント。見たところTRN T2 Pro(AliExpress)もしくはOEMの同等製品じゃないかと。応募方法は@okcsc_carolwongをフォロー&告知ツイートをRT、応募締め切りは2月10日11:59までです。

KZ x Crinacle CRN(Amazon/AliExpress)はいつもの(?)KZの中の人と耳の形状が異なる人間=Crinacle氏の手によるチューニングであるためかベストポジションと見られる挿入の深さが他のKZイヤホンとは異なるようです。少なくとも私の耳ではこれまでの多くのKZイヤホンよりも耳の奥側にあります。ツイート

超低域が十分出ていて低音がソリッドすぎず高音がきつくもなく、7.1~7.2kHzの音が微妙にチキチキうるさいだけならイヤーピースのサイズを変え挿入の深さを調節するだけで改善されるかもしれません。

ネット上にはKZ x Crinacle CRNはロゴがダサい、アイコンが本人と違いすぎる的な英語コメントもありました。まあ言わんとするところはわかります…。元々アイコンはHBB氏の方がカッコいいですし。Meleの方はアイコンの主張が控えめなのもいいですね。

DQ6S(AliExpress)の方にはCRNと同様にハンドルネームも入っています。これは双方当人の意向というよりもKZのアピールなのかな。

私のKZ DQ6S(AliExpress)はまたしても出国税関で引っかかっている模様。今は2回目に失敗して戻されたところらしいです。過去最高は4回、最悪はセラーに返送です。オリンピック中で外国人が多数入国しているため中国ではあらゆる情報を流出させないように必死でしょうからタイミング的には仕方ないのかも。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

安耳 a.k.a. EPLVさんが冷凍庫で冷やしたCCA NRAの計測結果をアップしてくださいました。私の説明が良くなくてうまくお伝えできていなかったようで室温以上体温くらいまで温めずに計測をおやめになったようです。そのためお手間をとらせてしまうことになりそうですが、実際は室温18℃から耳に入れて体温で温まるまでにもわりと大きめに音の変化を感じました。高域の耳障りさは体温で温まるまで消えず(完全には消えていないような気もする)、CRNで感じた超低域の変化は体感1~2dBくらいじゃないかと思います。また、我が家は-10℃エリアの寒冷地で暖房のない室内温度はおそらく冷凍庫以上冷蔵庫未満です。

↑の件、安耳さんの計測結果によれば変化が大きかったのは冷凍庫から出してすぐまででそれ以降は大きな変化がないとなると、レビュアーがおそらくZEX ProもCrinacle CRNも同程度の室温で両方計測して違いがあったのならばやはりZEX ProとCrinacle CRNが同じチューニングであるというのは怪しいということになるでしょうか。各セラーで既にZEX Proの方が販売されなくなってきているところを見るとCRNしか生産されてないのかもしれませんし、最初期ロットだけだとしたらもう今から買って確認するのは難しいかもしれません。

LinsoulTRIPOWIN & HBB Mele製品ページを読むと”Accutune dynamic driver”を採用しておりイヤホンのハウジング形状に依存しないチューニングを可能にしていると書かれています。また、それにより『左右の完全なマッチングを可能にした』とのこと。完全なマッチングは言い過ぎですが、確かにこの価格帯の中華イヤホンとしては左右差が小さいようです。

オプションとしてTRIPOWIN Jelly(Amazon/AliExpress)が選択可能になっており、AliExpressの他セラーもそれに倣ってオプション販売しています。低音が減衰するタイプのケーブルなのでたぶん低音が多すぎる人向けに選んだんでしょう。エージングが終わったらJellyとの組み合わせについてもチェックしてみます。

サウンドハウスからプロ用ゲーミングヘッドセットbeyerdynamic MMX300 2nd gen(SOUND HOUSE/Amazon)を抽選で1名にプレゼント。応募方法は@soundhouse_HPをフォロー&告知ツイートをRTです。応募締切は2月28日まで。

SONYから新DAP『NW-WM1ZM2』『NW-WM1AM2』が発表されましたね。日本企業で高機能DAPを出せるのはもうSONYしかいないんでしょうね…。⇒公式サイト/告知ツイート

TRIPOWIN X HBB Olinaが先月末リリース、既に販売開始しています。Meleに続くHBB氏とのコラボイヤホンです。DDは10mm、振動膜はカーボンナノチューブです。ハウジングは航空アルミで商品画像を見る限りではMeleと同形状のように見えます。付属ケーブルは銀メッキOFC(MeleはOCC)です。
LINSOUL公式 $99 / DD-Audio@AliExpress $99 / L.Sオーディオ@Amazon 11,480円(中国発送)

エージング中のTRIPOWIN & HBB Mele(Amazon/AliExpress)をチェック。超低域18Hzまで聴こえるのはキープ。昨日よりもほんのちょっとだけ抜けが良くなったようなそうでもないような。MeleのDDはグラフェン(たぶんグラフェンコート)で素材としては硬いため1日目で変化が小さくても長期的には変わる可能性はあると思います。

AmazonのL.SオーディオでLinsoul/TRIPOWINのケーブルが一部10%OFF中です。おすすめはAlteaかな。JellyとC8は低音減衰タイプ、Euphrosyneは未所有です。

エージング済みかつ体温で十分に温まったKZ x Crinacle CRN(Amazon/AliExpress)は超低域20Hzまで聴こえ不足なく、低~中低域は適度な厚みと量、中~中高域はKZのこの価格帯としては自然です。しかし特に高~超高域にはかなり機器との相性があります。ツイート

KZ低電圧ドライバーの高音はCCA NRA、KZ ZEXとも共通しているものの比較して聴いているとCRNの高音のキツさは低電圧ドライバーではなくBAがハイ上がりになりやすいのが原因のような。高域の強めなピーク+機器との相性+低電圧ドライバーのクセが相まって余計に気になるのかもしれません。

まだ全部は試していませんが、所有する中で相性が良かったのはPC-unibrainケーブル-XDUOO XD05 Bal(ローゲイン)とXperia X Performance直挿し、耳への挿入は深めです。

KZ x Crinacle CRNは相性が良い機器なら「買って損なし!」って音が出るのに相性最悪なら高音で頭痛必至でした。機器を豊富に持っていない人にはおすすめしづらいです…。ツイート

ダルマオーディオから近日発売されるエントリーイヤホン「CP-86A」を3名にプレゼント。2月15日からダルマオーディオ公式サイトで販売開始されるそうです。プレゼントへの応募方法は告知ツイートをRT、応募締め切りは2月13日です。フォローについては記載がありませんが@Daruma2142をフォローしておいた方が良いかと。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

Questyle(公式)が日本代理店として合同会社地球世界(公式サイト/Twitter)と契約したそうです。Questyleは一時代理店不在状態になっていたと記憶していますがようやく決まったようです。

水月雨「清泉 -Spring Tips」が2月10日から日本でも発売されます。MOONDROP KATO(Amazon/eイヤホン/ヨドバシ)の付属イヤーピースと同じものです。ちなみにAliExpressからはおま国で買えませんがHiFiGOだと1,500円弱です。
eイヤホン 1,620円 / ヨドバシ 1,800円+180ポイント

Victore(Japan)からニッパーの日を記念してHA-FW1000T(Amazon)を1名、ニッパー陶器置物21㎝を2名、1500RT達成したらニッパー陶器置物をもう1名にプレゼントだそうです。応募方法は@victor_brand_jpをフォロー&告知ツイートをRTです。応募締切の記載がありませんのでお早めに。ちなみにニッパーはVictorロゴのワンちゃんのことです。

TRIPOWIN & HBB Mele(Amazon/AliExpress)到着。ブルーにしました。評判通り低音の質が良いですね。ツイート

Amazonのお買い得情報に出たので待ち構えて注文しましたが、今見たらもう終わってました。限定数があったのかも?

TRIPOWIN & HBB Mele(Amazon/AliExpress)の箱出し付属ケーブル付属イヤーピースで7.3~7.4kHz付近にピークが来る装着位置では超低域は20Hz以下から聴こえ低音強め、人の声は自然な範囲でやや落ち着いており歯擦音やブレスは控えめ。高音は刺さりもなく聴きやすいです。ツイート

低音には量と厚みがあり、私の耳では装着が浅すぎても深すぎてもぼやっとしてしまいます。重低音が最も深く沈み込みつつ膨らまない位置がベストポジションだと思います。

中~中高域のバランスが良く、ボーカルが出すぎず下がらず人の声以外とは適度に分離しつつ騒がしくありません。私は中高域が騒がしいのが一番苦手で、Meleはこの辺りが好みのバランスに仕上がっています。HBB氏コラボはDQ6Sも到着待ちなので楽しみです。

TRIPOWIN & HBB Meleの超低域は私の耳では特別音量を上げてチェックしなくても18Hz辺りまで聴こえます。最近買った$100以下では一番下まで出てるかも。エージング後もキープして欲しいな~。ツイート

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。明日のめぼしいタイムセール商品はありません。⇒セール&キャンペーン情報

AmazonでTRIPOWIN&HBB Meleが期間限定セール中。5,480円→4,658円(15%OFF)です。私も買いました。AliExpressではDD-Audio Storeで$44.49でAmazonで買った方が安く、AliExpressではまだセール実績はなかったはずです。

旭化成が新DACチップの開発を発表しています。AK4490とその上位モデルAK4493を再設計したAK4490RとAK4493Sだそうです。まだサンプル配布の段階ですが中国は開発スピードも早いですしそう遠くないうちにこれらチップが搭載された中華DAP/DACが出てくるでしょうね。⇒『進化した VELVET SOUND、32 bit 2ch プレミアムオーディオ DAC AK4493S, AK4490R を開発 | 旭化成エレクトロニクス

Amazon期間限定セール情報を更新しました。春節休暇がまだ終わり切っていないからか対象商品が少なめです。過去に何度か設定ミスで安くしすぎたことがあったため長期休暇中は無理しなくなったみたいですね。⇒期間限定セール|セール&キャンペーン情報

新ドライバー搭載のKZ ZS10 Proアルミ版ブラックに続きセラーに確認して注文したステンレスブラックが日本に届いたようです。今週中に届くかな?間違いなく新ドライバー版だといいんですが。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

タイムセール中のTRN TA1が15%OFFクーポンと重複中です。ただし在庫はキャラ絵入りの”TA1 for Japan”のみ。

KZ x Crinacle CRN(Amazon/AliExpress)のエージング終了。体温で温まらないと30Hz以下がごくわずかに衰えるようです。調べた範囲では温度変化に言及している方を他に見かけず海外レビュアーが計測しているF特がハウジング温め後とは思えないので本調子で鳴っている時とは微妙に異なっているんじゃないでしょうか…。ツイート

冷えた時に高音に変な共鳴音(?)が聴こえる件は後で暖房のない部屋で冷やして確認してみます。

言語英語で”KZ Crinacle Temperature change”をググるとSeeAudio x Crinacle YUMEの情報も出てきて、Yumeに採用された”Liquid-Silicone Diaphragm”は「温度変化に鈍感(=変化に強い)」と書かれています。Crinacle氏はKZ x Crinacle CRNが温度変化に弱いことに気づいていたんでしょうか。KZの自称低電圧ESTドライバーのせいでありCrinacle氏のせいではありませんが、もし気づいていたのならそれに一切触れないのはフェアじゃないと感じてしまいます。

イヤホンの部品の大部分は金属ですから温度変化の影響は当然受けます。ケーブルなどは5Nとか6Nと言った純度よりも温度変化の方が影響が大きいという話もあるくらいですし、個人的にもそうだろうなと思っています。ちなみにイヤホンの評価をする時の室温は季節によって多少異なりますが夏と冬の空調使用中は極力同じ温度(夏は部屋の温度計で27~28℃、冬は18℃前後)になるようにしており、最近はレビュー記事にも室温を記載しています。

イヤホンもケーブルも冷えているようなら温かい部屋に移してから評価していますがKZ自称低電圧ESTドライバーはそれだけじゃダメで、先にこたつで温めるか耳に装着後しばらく体温で温める必要があります。Crinacle氏は台湾在住だったはずなので気にならないのかなー。

KZ x Crinacle CRN(Amazon/AliExpress一覧)を冷やしてみた結果、CCA NRA(Amazon/AliExpress一覧)とKZ ZEX(Amazon/AliExpress一覧)のドライバーが冷えている時に聴こえる耳障りな高音はKZ x Crinacle CRNでも出ていました。同じく冷えていたNRAとZEXも同じケーブル(こちらは室温)を使用して再チェック、同じ高音が出ているのも確認しました。ツイート

また、冷えている状態では低音も弱っています。CRNはフラット傾向ですが冷えた状態では聴覚上超低域から高域に向かって軽く右肩上がり気味でした。もしかして現行のDDも既存DDよりも冷えに弱いんでしょうか。

寒冷地在住ではありますが今年が例年よりも特別寒いわけではありませんし、過去他のイヤホンで同じ高音がこんなに気になったことはありません。更に、室温では不足なようで耳に装着するかこたつで温める必要がありました。KZ自称低電圧ESTドライバーに必要なのは駆動力ではなくぬくもり…。

↑の件は計測機器をお持ちの安耳 a.k.a. EPLVさんがCCA NRAを冷やして周波数特性を測ってくださるそうです。私の持っている周波数特性が測れる機器はスマホだけであまり当てになりませんし結果が楽しみです。

周波数特性の計測でずっと気になっているのが、皆さんの計測結果グラフの線が太いことです。あれ何dBか埋もれちゃってますよね。画像を拡大すればわかるのかな。

もうひとつは皆さんが何dB差があれば「違う」と判断しているのかです。差が3dBあれば多くの人が聴き取れると言われているらしいです。しかし楽器演奏者やオーディオメーカーのベテランエンジニアの中には1dB以下でも聴き取れる人がいるそうです。実際のオーディオファンの皆さん、特に耳の良さに自信がおありな方々はどうなんでしょう。

自分で音量操作しているのでプラセボの可能性は否定できないものの私は1dB違えばまあまあ違いを感じます。しかしそれは多分クラシック音楽の演奏経験が長いからであって音楽を楽しむための耳の良さかと言われると違うような気がしますし、演奏家ではないオーディオファンの皆さんが言うところの耳の良さの基準がよくわかりません。

複数の異なるイヤホンの周波数特性を重ねて比較しているとき、多少ずれていても皆さんあまり気になさらず「ほぼ同じ音色だ」と評価していらっしゃるのも少々疑問で…。例えばCCA NRAとKZ ZEXがほとんど同じだと言う方がいらっしゃるのも正直なところ解せません。計測誤差とか個体差とか、気にしても仕方がないんでしょうか。

KZ低電圧ドライバーは春夏に出されていたら冷えに弱いことに気づかなかったかも。よほど気に入っていなければ冬になる頃には使用頻度も落ちて「壊れたかな?」で済ませそうです。そもそも開発元が温暖な深センにあるのなら作った人たちもさほど気になってないとか。ツイート

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

タイムセール中のKZ ZASに15%OFFクーポンが重複しています。

今日は5の付く日、eイヤホンの中古の日です。eイヤホンweb本店では6日11時まで。

今日はケーブルの棚卸しをしていました。まだ全然途中ですが…。追加の撮影もしましたので、まだ廃盤になっていないケーブルの画像は順次『AliExpressセール価格情報(中華リケーブル)』に追加していく予定です。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

タイムセール中のTRN BA15が15%OFFクーポンと重複中です。

ナイコムからブランドアンケートのお願い&回答者から抽選で2名にTHIEAUDIOイヤホンケースをプレゼント。プレゼント応募方法は@KNICOMCORPをフォロー&アンケートに回答です。アンケートURLは告知ツイートから確認してください。2月9日AM11:59まで。

フジヤエービックでウィンターオーディオセール開催中です。要ログイン。期間は2月14日11時まで。

AliExpressセール価格情報(中華リケーブル)』を更新、CVJケーブル一覧にV1、V5.TC、CVMの情報を追加しました。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

KZ x Crinacle CRN(Amazon/AliExpress)のエージング終了。KZの自称ESTドライバーはベストな状態で聴くための条件があるため軽く聴いた後にしばらく休ませて再チェックしてからコメントします。

いつの間にかAliExpressでLove Deliversセールが始まっていました。1日から開催していたようです。対象製品少なめ、クーポン配布やキャンペーン値引きなしの小規模セールです。日本時間2月9日16:59まで。また、現在中華オーディオセラーでは”Member Price”表示のセール商品が多く設定されています。ストアをフォローしているアカウントの価格ではなくAliExpressのメンバーランクで価格が変わる特価品です。ダイヤモンドメンバーなら狙い目。ただし春節休業明けにならないと発送されませんのでご注意ください。

逆向きだった耳掛けチューブを直すつもりで放置していたTACables Obsidian(AliExpress/楽天市場/eイヤホン)をようやくお直し。公式商品画像によれば中~高域とディテールに効き低域と音場は衰え気味らしいです。確かにそんな感じですね。ツイート

明瞭さは向上し低音はちょっとだけ密度が薄め軽めになりやすいです。中~高域は明瞭なだけでなくリアリティが向上したような音質向上を感じることが多く、低音の力強さが衰えやすいもののこれはこれでアリだと感じられる範囲。相性というより好みで使い分けられるんじゃないでしょうか。

TACablesはHAKUGEIのエントリーモデルを中心に扱うサブブランドで日本国内流通品の名称は『Obsidian』ではなく『Onyx』です。なんで名前変えてるんですかね。通常価格は大差ないもののセール時はかなり違うので国外価格を知られたくないのかな。

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

ブログを更新、Inspiration-S/KBX4937のレビューを公開しました。金属ハウジングの共振の原因になりやすい帯域が抑えられ響きにくくなる傾向があるようです。⇒『KBEAR Inspiration-S/KBX4937 – 金属ハウジングの共振抑制に効きつつ重め濃いめツイート

タイムセール中のKZ ZAXが15%OFFクーポン重複中です。

intimeのまかなイヤホン第11弾、intime翔DMWV(DD-Modoki-Winter-Version)の抽選申し込み受付けが始まっています。周波数特性はフラットだそうです。ケーブルコネクターにmmcx(15,000円)とPentaconn Ear(16,500円)を選択できます。メールで申し込む必要があります。申込締切は2月7日 9:00まで。詳細はintime社長ブログからご確認ください。⇒『まかなイヤホン第11弾 ウインターバージョンPartーⅠ 抽選販売のご案内 – オーツェイドの独り言

↑のintimeまかなイヤホン抽選申し込み受け付けの際にサーバー設定不備があったそうです。自動応答メールが返ってこない方はinfo@o2aid.comまで問い合わせて欲しいとのこと。⇒メーカーツイート

AmazonのHiFiGO取り扱いTKZK Wave言及ツイート)が4,054円→3,410円に値下げ中です。期限不明。ただし中国からの発送になっており、おそらく春節休業明けまでは発送されないと思います。AliExpressでは安値セラーでも$34前後で現在のAmazon価格よりも高いです。

QoAからQoA Affinity(Amazon)を50名にプレゼント。@qoa_japanをフォロー&告知ツイートをRT、応募フォーム(告知ツイートにリンクあり)から応募です。ただし個人情報をがっつり入力する必要があります。うーん。QoA Japanと銘打っていますが実際は日本法人化はせずSOUNDEARTHを代理店にしているようです。応募段階で個人情報フル入力…応募するか迷う…。

eイヤホンからFiiO BTR5 2021(Amazon/eイヤホン)を抽選で1名にプレゼント。@e_earphone@FiiO_Japanの両方をフォロー&告知ツイートをRTです。応募締切は2月14日まで。

アシダ音響のヘッドホンST-90-05(Amazon)がバズってましたね。普段の3ヶ月分の注文があったとか。転売屋が仕掛けた可能性もありますが通常価格は6,380円です。限定生産品ではありませんので完売していても待てば買えるはずです。価格以上との触れ込みですが個人的にはそこまででも。低音の量が多いのに超低域が弱いため楽曲によってはぼやっとすることがあります。また、ケーブルが長めでちょっと邪魔です。⇒エージング後のツイート

1月にCCA BTXが発売していました。TWSタイプのBluetoothリケーブルです。QCC3040搭載、Bluetooth 5.2、apt-X対応、低遅延(40ms)ゲームモード搭載。技適未登録です。
CCA Official Store $39.99 / CCA global Store $39.99 / KZ Earphones Franchised Store $39.99 / Headphone Factory Derect Store $39.99→メンバー価格$32.93 / DD-Audio Store $43.99

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報

LuckLZ Audio Store(Amazon/AliExpress)からKZ DQ6S(AliExpress)を5名にプレゼント。応募方法は@lucky52143915をフォロー&SEEAUDIO Braveryの販促ツイートをRTです。このセラーとのやり取りは英語でしか行ったことがありませんので当選時に日本語が通じるかは不明です。

今日からacoustic effect TRY-01(Yahoo!/楽天市場/eイヤホン)の試聴機無料貸出キャンペーンが始まっています。クレジットカード決済後にキャンセルされて無料扱いになるようです。キャンペーン期間は2月28日まで。詳細はacoustic effectの公式webサイト[NEW]から確認してください。

MUSIN取り扱い製品のレンタルサービスが始まりました。⇒『レンタルサービス開始のお知らせ|HeyListen(株式会社MUSINダイレクトショップ)

明日のAmazonタイムセール情報を更新しました。⇒セール&キャンペーン情報