2019/08/26 中華リケーブル一覧をセール価格で更新しました。

2時間半でWordPressサイトを立ち上げた記録

エックスサーバーのレンタルサーバー申し込みからWordPressサイトの公開まで調べ物しつつでも2時間半ほどで行うことが出来ました。最低限行ったことについてメモ。

前置きしておきますと、既にお名前.comでひとつブログを作成・公開していて最低限やるべきことが分かっていました。何もかも初めての方は何倍もの時間がかかるかもしれません。

エックスサーバーの10日間のお試し期間は初心者には長いようで短いですから、予めローカル環境でサイト公開状態まで持っていけるようになってから申し込みすることをおすすめします。

別サイトは1年位お名前.comでブログ運用していますがいくつか不満もあり、今回は試しにエックスサーバーを使ってみることにしました。いずれにしろしばらく使ってみてどちらか一方にするつもりです。

ドメインの取得

私は予め お名前.com で取得しておきました。ドメイン取得自体は申し込み完了した時点で完了していますので、申し込み段階で登録情報を入力する時間だけで取得できます。初めての時でも数分でした。

レンタルサーバーの準備

エックスサーバーに登録

フォーム入力の手間だけでしたので内容を念入りにチェックしつつでも2~3分で完了。

ネームサーバーの変更

他社でドメインを購入済みの場合はネームサーバーを変更します。設定変更自体は2分で完了。

ネームサーバーの変更にしばらく待たされますが私の場合(お名前.com購入のドメインのネームサーバーを深夜に変更)はサイトに安定してアクセスできるようになるまで30分かかってなかったと記憶しています。しかしインターネット全体に行き届くまで24~72時間必要とのこと。

WordPressサイトの構築

WordPressのインストール

5分程で完了。設定内容をフォーム入力する必要はありますがエックスサーバーではWordPressのインストール機能があるので簡単に行うことが出来ます。

テーマインストールと子テーマの設定

15分程度。子テーマもテーマカスタマイズも必要なければ5分とかかりません。行った内容は以下の通りです

  1. テーマをインストール
  2. 子テーマをFTPでアップロード
  3. WordPressの[外観]メニューからテーマをカスタマイズ
  4. 子テーマのstyle.cssをカスタマイズ
  5. 子テーマのcssをjetpackのCSS編集機能でカスタマイズ

CSSの知識がそこそこ程度なので子テーマのstyle.cssだけでは上手く適用できないことがあるのですがjetpackのCSS編集機能を使うと詳細度が甘くても適用されるので併用しています。

プラグインのインストールと設定

30分程度。予めインストールするプラグインと設定内容を決めておいた上での時間です。私が最低限の設定に必要と考えて最初にインストール・有効にして設定しておいたのは以下です。なお、その後適宜追加しています。

  • Jetpack by WordPress.com(サイト統計情報/CSS編集)
  • Edit Author Slug(表示されるアカウントの変更)
  • All In One SEO Pack(xmlファイル生成/一部ページのクロール除外)
  • TinyMCE Advanced(自動整形の解除)
  • Revision Control(リビジョン管理)

記事を投稿して公開

今回のかかった時間にはごく短いエントリー1本を書く時間も含みます。文章を書くのが遅い方は予め下書きしておくと良いでしょう。

サイト公開までに行った作業の手順は以上です。

その他

私はこの後SearchConsoleとGoogleAnalyticsの設定も行い、xmlの登録でちょっとハマりましたがそれでも設定に1時間もかかっていなかったと思います。初めてでなくトラブルもなければ3時間程度で運用分析できる状態まで持っていくことが出来るはずです。

一番時間がかかった部分はWordPressのプラグインやテーマのカスタマイズでした。繰り返しますがそれでもWordPressサイトをひとつ立ち上げ済みですので、とりあえず同じテーマとカスタマイズ内容で済ませることで短時間でスムーズに終わらせることが出来ました。ぱっと見ではもうひとつのサイトとの見分けがつきにくいので更にカスタマイズする必要はありますが…。

ドメインを持っていたこと、お名前.comとエックスサーバーの設定変更が速やかだったことも貢献しています。実績では合わせて1時間も待ちませんでした。これは申し込みタイミングによって差がでるかもしれませんので長い時間待つ可能性も否定できません。

テーマのカスタマイズやプラグインの選定には場合や人によっては何時間もかかるでしょう。ローカル環境でそのまま移行が行える程度に作りこんでおけばレンタルサーバーのお試し期間で十分試すことが出来ます。

ネームサーバーの変更や子テーマの設定などについても順次記事にしたいと思います。

2016/08/19追記:ネームサーバーについて書きました。

お名前.comで取得したドメインをエックスサーバーで使う

このサイトを立ち上げる前に予めお名前.comでドメインを取得しておいていました。エックスサーバーを使うにあたりドメインのネームサーバーを変更する必要がありましたので設定手順をメモ。各画像をクリックすると大きい画像が開きますので縮小画像ではよく見え…

続きを読む