IKKO OH2 (1) イヤーピース交換必須!味付け薄めでクセのないフラット寄り

今回はIKKO OH2 Opalのレビューです。外装画像等のレビューがご不要であれば『音質』から後ろもしくは『総評』だけご覧ください。

IKKO OH2の白背景画像
  • 私の耳は耳穴入り口付近から外耳道が太めです。これまでの経験上、深く装着しすぎるとバランスが崩れるイヤホンも少なくないためアジア人の平均から外れる程度には太めではないかと思います。
  • イヤーピース変更の提案もしていますが、耳の形状によっては必ずしも私と同じ感じ方になると限りません。ご了承ください。
  • イヤホンレビューの見方や用語の説明などは『当ブログのイヤホン・ヘッドホンレビューの見方(2018/10/24版)』をご覧ください。

製品仕様

  • ブランド:IKKO Audio
  • 型番:OPAL OH2
  • ドライバ構成:1DD
  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:107dB
  • 再生周波数帯域:20-20000Hz
  • ケーブル端子:mmcx
  • *IKKO OH2はHiFiGOから提供を受けています。お手数ですが他セラーについては各自ご確認ください。
  • “deposited carbon nano diaphragm”(高密度ナノカーボン薄膜)採用の10mmDD
  • ハウジングは航空アルミ合金と樹脂
  • 24K無電解金メッキボードで伝送速度をより効果的に向上
  • 付属ケーブルは2芯銀メッキ単結晶銅

ポップなデザインの外箱はプレゼントにも向きますね。イヤーピースが潰れないように台座に収められているのも好印象です。

IKKO OH2 Opalの外箱の白背景画像 IKKO OH2 Opalの外箱からスリーブを外した状態の白背景画像 IKKO OH2 Opalの外箱背面の白背景画像 IKKO OH2の箱の中身の白背景画像

同梱物はケーブル、シリコンイヤーピース1種類6サイズ、フォームイヤーピース(i-Planet)1種類3サイズ、ピンバッジ、合皮ポーチ、mmcxコネクターを外すための器具、交換用フィルターです。

IKKO OH2の同梱物の白背景画像
付属品自体は豊富なのですが…

IKKOの狐マークのピンバッジも付属しています。mmcxコネクターを外す器具にはおそらく劣化したフィルターを外すための針金も付いています。

IKKO OH2に付属するピンバッジの画像 IKKO OH2に付属するmmcx外し用の器具

合皮のソフトケースも付属しますがOH2本体だけでも収まりきらずOH2の収納用としては使えません。革紐は巻きつけるだけのつくりで閉じた状態できっちり留めるにも心許ないです。

IKKO OH2に付属する合皮ソフトケースの画像 IKKO OH2に付属する合皮ソフトケースにIKKO OH2を入れた状態の画像

聞くところによると公式商品画像と現物の色がかなり違うらしいとのことでカラーは間違いなさそうなホワイト(販売店によってはシルバーと記載)を選択しました。他のカラーが欲しい場合は購入者の投稿画像をネットで探して参考にした方が良いかもしれません。ホワイトは普通に白でした。

IKKO OH2のハウジング左右を並べた黒背景画像1
画像と現物の色がだいぶ違うとか。

楕円形のノズルが特徴です。市販の丸いフィルターは使えないためか予備のフィルターが1セット付属しています。

IKKO OH2のハウジング左右を並べた黒背景画像2
楕円ノズルの効果については解説がないようです。

ハウジングは小ぶりで平たいです。耳穴周辺の凹みが広い場合はフィットしきれないかもしれません。

IKKO OH2のハウジングの黒背景画像1 IKKO OH2のハウジングの黒背景画像2 IKKO OH2のハウジングの黒背景画像3 IKKO OH2のハウジングの黒背景画像4

音質

装着位置と角度

ノズルが外耳道に沿うように装着すると大抵のイヤホンで高音がよりシャープに強まる傾向がありますが、OH2は外耳道に沿いすぎると中~中高域に粗さが出てしまいます。そのため、その人の外耳道の入り口からの向きで評価が分かれるのではないかと思います。

IKKO OH2のハウジングの黒背景画像5
外耳道の角度には個人差があります。

付属シリコンイヤーピースは装着位置と角度の微調整が難しいだけでなく、イヤーピース自体の音の変化傾向としても粗さを強めています。音色に粗さを感じ付属品だけで使用したいならフォームイヤーピースのi-Planetを使った方が良いでしょう。

外箱には周波数特性が掲載されています。計測条件は不明です。

IKKO OH2の外箱に掲載されている周波数特性の画像

評価環境

評価環境はFiio X7 MarkⅡ(AM3D/可聴帯域外フィルタ:Slow Roll Off Minimum Phase)、iPod touch 7G、iFi Audio ZEN DAC*1公式製品情報/Amazon)です。付属クリアシリコンイヤーピース使用時/1kHzテストトーンをほとんど騒音のない屋内で平均約51dB*2、室温約18℃で聴いていきます。音源はFLAC(一部WAV)です。他にAmazon MusicおよびYoutubeの動画なども使用しています。

  • 1. PCからの再生はfoobar2000+WASAPI(event)、USBケーブルはunibrain(楽天市場)、6.3mm→3.5mm変換アダプターはFURUTECH F63S-G(Amazon)です。
  • 2. 平均が出せるスマホの騒音計アプリで計測しています。音楽再生時は平均58kHz前後です。
IKKO OH2とFiiO X7MK2(AM3D)との組み合わせの画像
FiiO X7MK2(AM3D)との相性はなかなか良好です。

付属ケーブル+IKKO i-Planet

まず付属イヤーピースで評価して行きますが、イヤーピースは市販のものに変更することを強くおすすめします。

フォーム素材のイヤーピースIKKO i-Planet(Amazon/ヨドバシ/eイヤホン)が3サイズ各1ペア付属します。

IKKO OH2に付属フォームイヤーピース(i-Planet)を装着した状態の画像 IKKO OH2に付属するフォームイヤーピース(i-Planet)の画像
高音の主張*
3.0
★★★★★
★★★★★
高音域の音量
3.0
★★★★★
★★★★★
中高域の音量
3.2
★★★★★
★★★★★
中音域の音量
3.0
★★★★★
★★★★★
中低域の音量
3.0
★★★★★
★★★★★
低音域の音量
3.0
★★★★★
★★★★★
  • 『高音の主張』は金属音などの目立ち具合です。
  • 軽くウォーム気味なフラット傾向
  • 味付けはごく薄め
  • 解像度そこそこ

周波数特性チェック用のスイープ音源とトーンジェネレーターで耳で聞いてチェックした限りでは超低域は20Hz近くから聴こえ、250Hzから上は高域の周波数特性上の軽い凹凸以外わりとフラットなものの300Hz辺りにごくわずかに強い帯域があります。

小音量なら比較的フラット傾向ですが、音量を上げるとややカマボコ気味になりすいです。

高音域は必要十分ながら、前述した通り、おそらく外耳道の角度によっては高域に強まりやすい帯域があり、中~中高域の粗さの原因になることがあります。しかし基本的には周波数特性上の強いピークはほぼなく、刺さりや耳障りさは感じません。

X7MK2(AM3D)はやや高音が鋭い傾向があるためあまり気にならないのですが、機器自体がフラット傾向なZEN DACやiPod touchでは高音がやや鈍っていると感じます。しかしイヤーピースを変えるだけで音量控えめでもしっかりと高音が出るはずです。理由は『付属イヤーピース』に記載しています。

中音域はほんの少しだけ厚みと濃さがあります。他の音域と比べると解像度は低めで、抑揚は感じにくいです。淡々としておりリスニング用途としては少々味気ないです。

人の声は比較的自然で聴きやすいです。歯擦音は気になりません。伸びやかさは惜しく、音が響きにくい部屋で録音したような声に聴こえます。このイヤーピースがフォーム素材であることだけが原因ではなさそうです。

低音域は少しだけ量がありごく軽くウォームに寄せています。量は再生機器が低駆動力であるほど増えやすく明瞭さが落ちるため、付属品だけでモニター用途での使用を検討しているならある程度パワーのある機器は必要です。

超低域は音量的に小さくはあるものの20Hz近くから聴こえ低音の沈み込みは深めです。重さや力強さも適度です。

抜けは良く窮屈さは感じにくいものの音場は若干狭いです。残響もさほど聴きとれません。定位も良いようですが音場の広さなりに全体的に近めです。また、分離は普通ですが音の輪郭が少し緩めなため定位がピタッとした位置で聴こえづらく、やや曖昧に感じられることがあります。

なお定位についてはチューニングを付属イヤーピースで調整しているのか市販イヤーピースに変更すると場合によってはごくわずかではあるものの後頭部側に寄りやすいです。

音源の質もそのままに淡々と鳴らすため音源が低音質ならその通りの低音質で聴こえます。高音が強すぎない分、古い音源では更に劣化気味に聴こえる場合もあるようです。

付属ケーブル+付属シリコンイヤーピース

OH2の楕円形ノズルに合わせた軸が楕円のシリコンイヤーピースは傘も楕円で、かつ傘の片側が長くなっています。正直なところOH2との相性は微妙です。

IKKO OH2 Opalに付属シリコンイヤーピースを装着した状態の画像1 IKKO OH2に付属シリコンイヤーピースを装着した状態の画像2
  • 装着の微調整が困難
  • 装着角度によっては中~中高域が更に粗くなる
  • 明瞭さが劣る

私の耳ではどう頑張っても適正位置よりも深く装着されてしまうため鼓膜までの距離が近くなりベストポジションに合わせることができませんでした。そのため付属フォームイヤーピースのi-Planetよりもぼやっとしており音色は一層味気ないです。

特にライブ音源などはリアルさに乏しく、大きな歓声以外は観客席からの物音もあまり聴こえません。i-Planetの方が明瞭でシャキッとしています。

定位は悪くないのに音の出ている位置がはっきりとは識別できないような緩さがあります。

この楕円型イヤーピースは耳穴の楕円形状の角度で固定せざるを得ず、装着の加減を微調整する余地がほとんどありません。また、サイズを変更してもノズルからの高さが変わりにくく鼓膜との距離を調節するのが困難です。更に、私の耳の形状では密閉できるものは1サイズしかありませんでした。耳の形状との相性が良ければもっと音がはっきりする位置に固定できるのかもしれません。

付属ケーブル+JVC スパイラルドット++

IKKO OH2のノズルは楕円形ですが、軸が円形の一般的なイヤーピースも使用することができます。OH2におすすめなのはJVCスパイラルドット++(公式/Amazon 2ペア2,436円~)です。解像度を自然かつ聴きやすい範囲で上げてくれます。XSは10mm、MSは11mm、Mは12mm、MLは13mm、Lは14mmです。

IKKO OH2にJVCスパイラルドット++を装着した状態の画像1 IKKO OH2 OpalにJVCスパイラルドット++を装着した状態の画像2

私の耳では付属イヤーピースでは合わせられないベストポジションにノズル位置を合わせることができ、高音が十分に出るようになります。解像度はぐっと向上、音の輪郭ははっきりとし、定位の曖昧さが改善されます。

OH2の定位の中心は付属イヤーピースの2種類のどちらでも比較的耳の位置に合っており、耳の真横から音が出ているように聴こえる音源で確認するときちんと真横から音が聴こえてきます。しかしイヤーピースによってはこれがわずかに後頭部側に寄ってしまいます。スパイラルドット++はこの位置をずらしにくいです。

実力の評価

味付けのない8芯高純度銅線ケーブルYinyoo YYX4823(AliExpress)で確認してみると低音にはややボリュームがあり、付属ケーブルが低音をすっきりさせていることがわかります。YYX4823は特別下の帯域まで深い低音が出やすいケーブルではありませんがOH2では十分な沈み込みが得られます。

IKKO OH2とYinyoo YYX4823とJVCスパイラルドット++との組み合わせの画像
付属ケーブルよりもだいぶ低音太めな音色でした。

また、付属イヤーピース以外で適正位置に装着すると周波数特性上の高域のピークもそれなりにしっかり強いです。外箱に掲載された周波数特性は付属品で計測されたものではないか、補正がかかっているのではないでしょうか。

その他

装着感

耳穴周辺のくぼみに合わせた三角形のハウジングは装着感が良いようなそうでもないような、微妙なところです。以下画像で使用している耳モデルは小さめサイズなためぴったりはまっていますが実際の大人の耳ならもう少し隙間が開くはずです。

IKKO OH2を耳モデルに装着した状態の画像1 IKKO OH2 Opalを耳モデルに装着した状態の画像2

付属シリコンイヤーピースは耳への固定力が弱いためそれをハウジング形状とケーブルの耳掛けチューブに頼っている状態になりやすく、耳穴周辺のくぼみがOH2のハウジングより広い場合は動いてしまいやすいです。

イヤーピースの変更は装着感も改善してくれますので、音色に不満がなくても装着感が悪いなら変更した方が良いでしょう。

音漏れ・遮音性

ベント(通気穴)は内側に1ヶ所、フェイスプレート側にスリット状のものが1ヶ所開いています。背面ベントから多少音漏れするようです。遮音性は低めです。

IKKO OH2のベントが見える画像1 IKKO OH2のベントが見える画像2

再生環境と駆動力

iPod touch直差しのような低駆動力でもそれなりに鳴りますが、低音の量が少し増えて明瞭さが劣ります。より高駆動力な再生機器を使用した方が音がシャープで抜けが良いです。しかし逆に高駆動力すぎるとより粗くなりやすいです。付属イヤーピースで中~中高域の粗さを感じるならより気になると思います。

IKKO OH2とiPod touchとの組み合わせの画像
iPod touchに直挿しでもそれなりに鳴ることは鳴りますが…

モニター用途で使用したいのならある程度の機材は使用した方が良さそうです。あるいはイヤーピースを市販品に変更することで付属イヤーピースほど解像度のために駆動力を要求しなくなります。

高音がシャープにしっかり感じやすい再生機器ならさほどパワフルでなくとも適度に鳴ります。所有する中ではFiiO X7MK2(AM3D)は比較的相性が良かったです。X7MK2は発売時は低価格帯DAPでもありませんでしたが今となってはやや非力です。それでもだいぶはっきりと高音が鳴ります。

IKKO OH2とFiiO X7MK2(MA3D)の組み合わせの画像
FiiO X7MK2(AM3D)とは相性良好です。

付属ケーブル

4芯銀メッキ単結晶銅ケーブルが付属しています。mmcxの精度にやや問題があり接続が緩くクルクルと回ります。接触も甘く、ケーブルが動いた時にジャリジャリ言ったり音が途切れることがありました。昔の中華イヤホンに多かった、接続が緩すぎたり逆に固すぎたりするタイプの精度の低いパーツが使われているのではないでしょうか。

IKKO OH2の付属ケーブルの白背景画像 IKKO OH2の付属ケーブルのmmcxコネクター拡大画像

私はSHUREのワッシャー(ヨドバシ/eイヤホン/なおAmazonには高値販売品のみ)を噛ませて使用しています。1枚だけではまだ回りますが接触不良は解消されました。同じ用途の製品にはintimeのイヤホン用ダンパー(公式)などもありますが、intime製品以外では期待通りの役割を果たしてくれないこともあるようです。

IKKO OH2のmmcxコネクターにSHUREのワッシャーを噛ませた状態の拡大画像
使わずに済むなら使いたくはないのですが…

mmcx精度に難があるのは特にケーブル側で顕著です。試した限りではリケーブルすればきっちり固定されました。付属ケーブルはOH2との相性は非常に良好なため変える必要は感じないのですが、どうしてもケーブルが緩いのが気になるならリケーブルするのも手です。

付属イヤーピース

楕円ノズルに合わせた楕円の軸と、外耳道の形状に合わせた楕円の傘が特徴です。単体販売はされていません。フォームイヤーピースは単体販売されているIKKO i-Planet(Amazon/ヨドバシ/eイヤホン)です。

IKKO OH2の付属イヤーピースの画像1 IKKO OH2の付属イヤーピースの画像2
IKKO OH2の付属フォームイヤーピース(i-Planet)の画像1 IKKO OH2の付属フォームイヤーピース(i-Planet)の画像2

付属シリコンイヤーピースは非対称な形状で傘の片側が長くなっています。このイヤーピースはかなり耳の形状を選ぶと思います。シリコンがやや薄手であまりコシがないため、耳に押し込むと潰れて隙間ができやすいです。おそらく耳の穴の楕円形状が合わない人は固定も密閉もできないでしょう。また、OH2の音色との相性も特別良くはありません。Astell&Kern T9iEなどに付属するシリコンイヤーピースに似せられており、実際はさほど深い意図なく真似ただけなのかもしれません。

IKKO OH2の付属シリコンイヤーピースの画像1 IKKO OH2の付属シリコンイヤーピースの画像2

私にとってイヤーピースのサイズを変更するのは耳への挿入の深さ調整も目的ですが、OH2の付属イヤーピースは2種類とも、サイズを変えても鼓膜からノズル先端の深さが変わりにくいです。耳へフィットさせる目的以外を考慮されていない気がします。

私の耳では付属イヤーピースではどう工夫しても鼓膜までの距離が近すぎるようで、多くの場合OH2の高音はやや控えめで物足りなくも感じます。もしも私のような聴こえ方をしているのなら、付属イヤーピースよりも鼓膜から距離が取れればたとえ高音が減衰するフォームイヤーピースであっても高音不足が解消する人の方が多いのではないでしょうか。

総評

  • 味付けが薄い聴覚上フラット寄り~カマボコ傾向の万能型
  • 予算がない人のモニター用途にも向く*要イヤピ変更
  • 一定の駆動力は欲しいが極端に相性が悪い機器はない
  • 付属ケーブルとの相性良好
  • 耳の形状を選ぶシリコンイヤーピース
  • 付属イヤーピースの位置調整能力が低い
  • mmcxが低精度
  • 外耳道の向き次第で感じる中~中高域の粗さ
  • 若干の伸び不足

ごく軽くウォームさのあるフラット~カマボコ傾向で味付けは薄く、極端に相性が悪い楽曲もない代わりに特にこのジャンルに劇的に向くとおすすめするような個性もありません。また、フラット傾向に聴こえる音量はあまり大きくはなく、音量を上げると中~中高域がやや強いカマボコ気味になりやすいです。大音量でフラットに聴きたいなら期待と違うかもしれません。

IKKO OH2の画像
楽曲を選ばない薄味です。

私が所有するものではIKKO OH2と近めなバランスのイヤホンは1BA機に多く、OH2は低音がそれなりに出ているフラット~ややカマボコ傾向の1BAイヤホンに更に低音を盛ったようなバランスになっています。解像度はBA機には若干劣っています。

耳との相性があり調整能力が低いシリコンイヤーピースと精度が低いmmcxが評価を下げました。特にmmcxの部品が低品質であるため接触不良もありえます。サポートの評判が悪い販売店は避け、商品到着後は不具合がないかきちんと確認しましょう。

楕円形のシリコンイヤーピースは耳穴の形状への依存度が高く、形状が合わないとどのサイズを選択しても密閉することができないかもしれません。また、装着の角度や挿入の深さを微調整しづらい形状をしておりこのイヤーピースではベストな位置に装着できない可能性があります。

私の耳で感じる音色の味気なさやシャープさ不足は付属イヤーピースよりも高さのある別のイヤーピースに変えることで改善されます。私と同様に感じているのなら、余っている他のイヤーピースなどでぜひ確認してみてください。

加えてOH2は外耳道の形状(耳穴付近からの向き)との相性があります。これもイヤーピース交換で解消される可能性があります。耳との相性およびイヤーピースで改善可能か、試聴が可能な地域にお住まいなら交換用イヤーピース持参で試聴してから購入するのが確実でしょう。

IKKO OH2のハウジングを並べた黒背景画像
ノズルの角度が微妙に足りなかったのかも?

IKKO OH2は比較的味付けなく音源を率直に鳴らしており、解像度はおよばないものの有名なモニター向きイヤホンを購入する予算のない方のモニター用途にも向いています。あくまで私が知る範囲ではありますが比較的フラットな音域バランスのイヤホンに限定するならば$100以下ではOH2ほどクセがなくモニター向きなイヤホンが思い当たらず、Etymotic Research ER4SR(公式/代理店公式/DROP/Amazon)のように高評価な製品には$200出してもまだ手が届きません。当然ながらOH2の音は完全にER4SRには負けていますので、ER4SRに限らずあくまで高評価で価格が高いモニターイヤホンに手が届かないなら検討の余地があると思います。

Etymotic Research ER4SRとIKKO OH2を並べた白背景画像
ER4SRは名機ER4Sの実質的な後継機ですがやっぱりER4Sの方が好き…。

ただしモニター用途で使用する場合、よほど耳との相性がドンピシャでもないならイヤーピースは変更必須だと思います。ダントツに相性が良いのはJVCスパイラルドット++(公式/Amazon 2ペア2,436円~)です。

付属シリコンイヤーピースは中~中高域の粗さだけでなく機器が低駆動力な場合にぼやっとする原因にもなっており、OH2との相性はさほど良くありません。付属フォームイヤーピースのi-Planetは付属シリコンイヤーピースよりはマシですが、解像度の面ではやはり変更した方が良いと思います。

初期装備のIKKO OH2をおすすめできるのは耳の形状との相性が悪かった場合にイヤーピース交換などで工夫することができる人、フラット寄りで味付け薄めなイヤホンを探していた人です。

逆に初期装備のIKKO OH2をおすすめできないのは、耳の形状と相性が良くなかった場合に装着の微調整に手間を掛けたくない人、個性的な音色のイヤホンを好む人、イヤーピースへの追加投資までは想定していない人です。

付属品だけで使用するならおすすめ度はあまり高くありません。特に外耳道の角度との相性が悪い場合は付属イヤーピースでは粗さが消えないと思います。

しかし周波数特性的なバランスは良いと思いますし、味付けのない素直な音が好みなら十分選択肢に入ると思います。それだけにイヤーピースは本当に惜しいです。

また、リケーブルすることで個性を引き出すことは可能です。ただしコネクターがmmcxかつ低精度なため頻繁なリケーブルによる破損リスクは2pinよりも高いと思います。

付属ケーブルとの組み合わせでのおすすめイヤーピースはダントツでJVC スパイラルドット++ですが価格が高いため低価格帯からも探してみました。IKKO OH2のレビュー、次回はおすすめイヤーピース編です。リケーブル編についてはmmcxの精度が低くあまり数多くのケーブルを試すのには破損リスクを感じます。当たりをつけて試しつつ合うものがあればTwitter(@magnolia_time)や『イヤホン関係メモ』のページで紹介したいと思います。

[追記] レビュー第2回を公開しました。

  • *IKKO OH2はHiFiGOから提供を受けています。お手数ですが他セラーについては各自ご確認ください。