KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)- 自然なボーカルと深く力強い低音のハイコスパ機

今回は『KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)』のレビューです。外装画像等のレビューがご不要であれば『音質』から後ろもしくは『総評』だけご覧ください。

KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)の白背景画像
  • 私の耳は耳穴入り口付近から外耳道が太めです。これまでの経験上、深く装着しすぎるとバランスが崩れるイヤホンも少なくないためアジア人の平均から外れる程度には太めではないかと思います。
  • イヤーピース変更の提案もしていますが、耳の形状によっては必ずしも私と同じ感じ方になると限りません。ご了承ください。
  • イヤホンレビューの見方や用語の説明などは『当ブログのイヤホン・ヘッドホンレビューの見方(2018/10/24版)』をご覧ください。

製品仕様

  • ブランド:KBEAR
  • 型番:Little Q/旺財
  • ドライバ構成:1DD(6mm/複合振動膜)
  • ハウジング:アルミ合金
  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:118dB
  • 再生周波数帯域:20-20000Hz
  • ケーブル:OFC/PVC皮膜/3.5mm金メッキプラグ

シンプルな簡易包装です。箱裏に記載された日本語名が誤字で『ワンじゃん』なのはご愛嬌?

KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)の外箱の黒背景画像 KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)の外箱背面の黒背景画像
KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)の箱の中の画像
コスト削減で安く販売されるのは嬉しい限り。

同梱物はシリコンイヤーピース1種類3サイズのみです。

KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)の同梱物の画像
付属品も最小限です。

ブルーは暗めな色合いでなかなかシックです。Little Qの中国語製品名は中国で犬の名前としてメジャーな「旺財(Wang cai/ワンツァイ)」で「ワンちゃん」はここから取っているんだそうです。ワンツァイのワンと犬のワンを掛けてるんだとは思いますが、少なくとも見た目には犬要素はありません。

KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)のハウジングの白背景画像
落ち着いた色合いです。犬っぽさはありません。

LRの刻印は背面側のケーブルの根本で、小さく文字の凹凸だけなので識別しづらいです。左に小さく突起が付いているイヤホンもあってあれはすごく良いのですが案外採用されていませんね。

KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)のハウジング背面側からの画像
老眼のおばさんには見えませんよ…。

音質

エージング

箱出し時は駆動力の違いによる低音の変化が大きめでしたが半日のエージングで箱出し時ほどの差は感じなくなりました。低駆動力な機器で鳴らしたときに装着位置を調節しても低音の量だけがやや多いような気がするなら軽く鳴らすと改善されると思います。

評価環境

評価機器は主にXperia 1 ii、iPod touch 7G、Shanling UA3*1、iBasso DC05、Hidizs AP80 Pro、FiiO Q5s Type-C*2です。

付属イヤーピース使用時/1kHzテストトーンをほとんど騒音のない屋内で平均約51dB*3、室温約27℃)で聴いていきます。音源はFLAC(一部WAV)です。他にAmazon MusicおよびYoutubeの動画なども使用しています。

  • 1. Xperia 1 iiとのUSB Type-C接続には付属ケーブルを使用
  • 2. PCとのUSB接続にはAIM電子 USAC-005(公式/Amazon/ヨドバシ/Yahoo!/楽天市場)を使用
  • 3. 平均が出せるスマホの騒音計アプリで計測しています。音楽再生時は平均58kHz前後です。
Xperia 1 iiとShanling UA3とKBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)の組み合わせの画像
Shanling UA3のハイゲインはなかなか好相性です。

駆動力および相性の確認のため、XDUOO XD05 Bal、FiiO X7 MK2(AM3D)、Zishan Z4、iFi Audio ZEN DAC(初期型)、Questye M15なども使用しました。

付属イヤーピース

付属イヤーピースで、最も奥行きが立体的でボーカルが自然な高さの装着位置で聴いていきます。装着位置と角度が悪いとボーカルが近すぎ奥行きがなくなりやすいです。

高音の主張*
3.7
★★★★★
★★★★★
高音域の音量
4.0
★★★★★
★★★★★
中高域の音量
4.0
★★★★★
★★★★★
中音域の音量
3.5
★★★★★
★★★★★
中低域の音量
3.0
★★★★★
★★★★★
低音域の音量
3.5
★★★★★
★★★★★
アタック感*
3.8
★★★★★
★★★★★
  • 『高音の主張』は金属音などの目立ち具合です。
  • 『アタック感』は低音のアタック感の音量的な強さ(ドンシャリのドンの強さ)です。
  • バランス型ドンシャリ傾向
  • 高音の刺激は適度で刺さらず
  • 低音の沈み込み深め
  • ボーカルが自然

周波数特性チェック用のスイープ音源とトーンジェネレーターで耳で聞いてチェックした限りでは超低域は25Hz辺りから聴こえるものの30Hz以下は音量的に控えめ、6kHz台前半からやや幅のあるピークになっており、私の外耳道閉鎖共振(7kHz台前半)とつながったような盛り上がりになっています。

f特上の高域のピークが6kHz台にあるようですが極端に強いわけではありません。小振りな筒型イヤホンなので挿入の深さと角度の調節は容易ですし、もしも多少キツさを感じたとしても微調整で気にならなくなる程度じゃないでしょうか。外耳道の向きから少しそらすだけでもかなり緩和されるはずです。

高音域はやや明るめながら適度に厚みがあり刺激的すぎません。不足は感じないもののリアリティのためにはもう少し高音が強くても良い気がします。

ですが高域のピークは付属イヤーピースで弱められています。中域から高域にかけてのリアリティに不満が感じられるなら高音がよく出るイヤーピースへの変更をおすすめします。十分に強く出せるイヤーピースでも刺激的すぎるということはありません。

中音域は適度に厚みがあり、人の声は自然で近め、歯擦音やブレスは控えめです。$20以下としては滑らかですが高駆動力な機器で鳴らすと超地域の一部帯域が弱る影響で滑らかさが落ちる場合があります。

女性ボーカルほど近めです。高駆動力な機器以外では定位の中心が耳の間中心よりも少しだけ斜め上前方寄りなため、『宇多田ヒカル『君に夢中』(Youtube)』のようなボーカルが中心近くに配置されているように聴こえやすい音源では適切に装着しないと近すぎるように感じました。男性ボーカルでは気になりません。

低音域は駆動力でけっこう変わり低駆動力な方が強めで量も多めです。どの機器でも30Hz以下は音量的にさほど強くはないものの沈み込みは深めで重さも十分です。30Hz台の重低音が多用された近年の海外楽曲や映画音楽も気持ちよく鳴らします。

付属イヤーピースでは超低域がわずかに抑えられているようです。重低音が音量的に物足りないならKBEAR 07など市販イヤーピースに変更することでいくらか強めることができます。また、Shanlin UA3のデフォルトフィルター[Short Delay Sharp Roll-off]のようにごくわずかに超低域の下の方が強い機器と合わせることで低音全体の質が更に向上します。

各音域の中では低音域の解像度が高めです。アタックは音量的に強く、小音量でも力強いです。『King Gnu – Teenager Forever(Youtube)』はアタックが弱いイヤホンでは腑抜けた音になりやすい音源です。Little Qでは小音量でも力強く鳴ります。

残響はスッと早めに消えるものの寸足らずな印象はありません。しかし主に中域で鳴る楽器の音があまり伸びないため高音の鋭さが控えめなのも相まって弦楽器の音色に物足りなさを感じることがあります。

高駆動力なほどタイトで全体的に高域側に寄り、疾走感も向上します。据え置きアンプで鳴らしてもバランスは破綻せず案外機器は選びません。しかし高駆動力すぎるのもベストな鳴りとは少し違う気がします。ポータブル機器向きだと思います。

スマホ直挿しよりはいくらかパワーがあった方が解像度が高くリアリティも向上します。最近特に選択肢が増えているドングル型DACアンプはかなり良い選択肢じゃないでしょうか。

経験上アルミ合金ハウジングは金属筐体特有の響きが強いことが多いです。しかしLittle Qのハウジングはさほど強くは響きません。塗装と、背面パーツが別になっていて接着されており一体型ではないのも影響してそうです。

KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)のハウジングを斜め後ろから撮影した白背景画像
背面も金属だそうですが一体型ではありません。

加えて、高域の強い帯域がLittle Qのハウジング素材が共振する帯域からややずれているか共振する帯域が弱めかのどちらか、もしくは両方なのかもしれません。むしろ力強い低音の方がいくらか響いて低音の解像度向上に役立っているように感じます。

音場の広さには不満はないものの広くもなく、Questyle M15など音場広めに鳴りやすい機器でもあまり拡張しませんでした。装着位置角度が適切なら奥行きが感じられます。位置が悪いと平面的になりやすいため、付属イヤーピースで奥行きが感じられる位置にうまく装着できない場合は市販イヤーピースに変更した方が良いでしょう。

前述した通り定位の中心が少しだけ斜め上前方寄りなこととf特的にはドンシャリ傾向なためか音場表現は少々惜しい気がします。しかしこれは他の部分の評価が総合的に高いことで低く感じやすいということは言えるでしょう。$20以下のイヤホンにそこまで求めるのは要求が高すぎますね。

楽曲はあまり選ばないバランス型ですが、ボーカルが近めで自然かつ高音が強すぎないところを見るとメーカー的にはボーカル向きとして想定しているのかなと感じます。

KBEAR 07

KBEAR 07はAET07ジェネリックイヤーピースです。AET07が廃盤状態なため代替品として中華ポタオデ界隈ではわりと人気です。サイズ展開が豊富で傘にはコシと弾力とグリップ力があります。1セット持っておくと便利です。KBEAR 07についてはインプレツイートしています。ツイート

  • 高域のピークが強まる
  • 近めだった女性ボーカルが少し離れる
  • 超低域が少し強まる

高音がよりシャープに出るようになり全体的に締まりとくっきりさが向上します。高音は一定の聴きやすさをキープしています。

付属イヤーピースは重低音~低音が音量的にやや控えめなため、他のイヤーピースに変更することでより低音強めになることが多いです。低音を強めたくないのならYinyooのシリコンお椀型イヤーピースのクリア(インプレツイート/Amazon/AliExpress)など高音寄りになりやすいイヤーピースを使うと良いでしょう。

再生環境と駆動力

駆動力で低音が変わりやすいものの沈み込みの深さは機器を問わず深めです。低音全体は低駆動力な方が強めで多めなため解像度が若干衰えます。スマホ直挿しでもそう悪くはありませんが、ある程度駆動力がある環境で鳴らした方が解像度とリアリティは向上します。

iPod touchやスマホ直挿しもそう悪くはないんですが。

iPod touchやスマホ直挿しは実力が発揮できておらず少々もったいないですね。多少低音の量と厚みが衰えても構わないのなら高域に寄りやすいイヤーピースに変更することでかなり良くはなります。おすすめのイヤーピースについては前述した2種類以外にも相性の良いものがあるか現在選定中です。他にもあった場合はおすすめイヤーピース編記事にするかもしれません。

種類が増えて選択肢が広がってきたドングル型DACアンプとはたいてい相性が良いようです。適度な低音と全体のタイトさと解像度をバランス良く実力相当に発揮するために100mW前後@32Ωくらいは出力が欲しいのかもしれませんね。

Zishan Z4は小型なのにパワフルな中華DAPで駆動力的には高域側に寄ってもおかしくなさそうですが、実際は高域が鋭く出すぎない傾向のおかげで案外高域側に寄った印象を受けません。ただし低音の厚みが減ることで全体的に若干あっさりしているような気はします。また、駆動力の影響で前方定位に影響する超低域の一部帯域が弱るようで女性ボーカルがけっこう離れます。

Hidizs AP80 Pro-Xはハイゲインの方が鳴りが良いです。AP80 Pro-Xも高域が鋭くきつくなりにくいためだと思います。

アンプやDAPに搭載されたBASSスイッチは低~中低域が盛り盛りになりすぎる場合もあり意外と使い所が難しいと思うんですが、Little Qはわりとちょうどよくなりやすいようです。中低域までがっつり盛り気味なFiiO Q5sのBASSモードもLittle Qではアリな感じ。

低音盛り盛りタイプのBASSモードにも。

スマホ用の低価格なDACケーブルは下手をするとイヤホンジャックがあるスマホ直挿しよりも低駆動力だったり低音が減衰気味なことが多いため、満足行く音で聴くことができませんでした。Little Qとの組み合わせではおすすめしません。

機器によってはハムノイズが小さく聴こえることがありました。PCからUSB DACで使用する場合は気になる場合があるかもしれません。

その他

装着感

ハウジングは非常に小振りです。大抵はイヤーピースで支える状態になるのではないでしょうか。これが若干心もとないと感じる人もいらっしゃると思います。

KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)をシリコン耳モデルに装着した状態の画像(ケーブル下向き/側面側) KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)をシリコン耳モデルに装着した状態の画像(ケーブル下向き/側面側) KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)をシリコン耳モデルに装着した状態の画像(ケーブル耳掛け/側面側) KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)をシリコン耳モデルに装着した状態の画像(ケーブル耳掛け/正面側)

ハウジングは軽いので重さで抜けてくることはないものの、付属イヤーピースはグリップ力弱めなためサイズが微妙に合わない場合は角度がずれやすいです。固定が甘いなら市販イヤーピースに変更した方が気にせず使うことができそうですし、付属イヤーピースの音がよほど好みなのでなければ変えてしまった方が楽かもしれません。

音漏れ・遮音性

ケーブルの根元付近と背面中心に小さなベントが1ヶ所ずつ開いています。さほど音漏れはしていないようです。私の耳では耳穴に蓋ができるぎりぎりがベストな装着位置で遮音性はあまり高くありませんが、ある程度突っ込める位置なら遮音性は高めです。

KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)のベント位置が見える画像
背面ベントからの音漏れは小さめ。

ケーブル

ケーブルの線材はOFC(無酸素銅)、被膜はPVCです。プラグカバーとスプリッターはハウジングと同色に揃えられています。パーツ部分の中身はプラスチックで表面には金属が巻かれておりチープさはありません。重量も重くありません。

KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)のケーブルのプラグとスプリッターの画像1 KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)のケーブルのプラグとスプリッターの画像2

付属イヤーピース

シリコン製イヤーピースが1種類3サイズ付属します。高域にやや抑え気味な帯域があり低音全体が音量的にやや弱いです。グリップ力はごく普通なためサイズが微妙に合わないと固定が甘くなる可能性があります。

他のイヤホンとの比較

BLON Fat Girl

BLON Fat GirlはLittle Q発売の少し前に発売されたイヤホンです。アルミ合金ハウジングでリケーブル不可、f特的にドンシャリ傾向な点が共通しています。BLON Fat Girlのレビュー内でLittle Qと比較しています。

BLON Fat Girlと付属品の画像 KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)とBLON Fat Girlを並べた白背景画像

final Eシリーズ

画像は手前中心がLittle Q、そこから時計回りにE2000、E500、E1000(ヘッドホンガイド付録のグリーンカラバリE1000SE)、E3000です。

Little Qのハウジングの形状とサイズはfinal E3000にかなり近いものの、私の耳ではE3000よりもLittle Qの方が装着のベスト位置が深めです。深く装着できるぶんLittle Qの方が耳穴に固定しやすいです。

E500(公式/Amazon)はASMR向きと好評です。低音にはやや量が多め、やや近めな中域はリアリティに優れています。かまぼこ気味で、確かにASMR向きですね。ただし意外と駆動力を要求します。

E1000(公式/eイヤホン:マイクなし/eイヤホン:マイク付き/Amazon:マイク付き/Amazonマイクなし欠品)は低音普通、高音強めなドンシャリ傾向で元気な音色です。高駆動力すぎると高音が強めなバランスになりボーカルに高音成分も増えやすいです。

E2000(公式/Amazon)はE1000よりもやや落ち着いた弱ドンシャリ傾向です。適度に元気で全域に適度な厚みと濃さが感じられます。機器はあまり選びません。

E3000(公式/Amazon/eイヤホン)はかなり駆動力を要求するものの環境さえ整えば全域でやや厚みがあるフラット傾向で、音場表現に優れています。イヤホンファンからの支持が厚いためイヤホン趣味にハマった初期におすすめされて買っては見たものの駆動力不足な状態で聴いてがっかりした方も多いかもしれません。

他、Eシリーズは共通して低音の沈み込みが良好でボーカルが自然です。また、E500→E1000→E2000→E3000と価格差の分だけ実力の向上を感じ取ることができます。付属イヤーピースであるfinal TYPE Eとの相性も抜群です。また、ドライバーはfinalの方が高品質で歪みが小さいです。

KBEAR Little Qもfinal TYPE Eで聴いてみました。付属イヤーピースが少し抑えている高音がすっきりと出て低音の力強さと重さもアップします。Little Qは元々ドンシャリ傾向ですが、よりドンシャリ感が強まったように感じられますね。

価格差もありますしE3000に勝つのは流石に無理かな…。E500はかなり傾向が異なるため比較対象としては適切ではなく、E1000は繊細さよりも元気さ優先でLittle Qとは少し個性が異なり、濃さとすっきりさのバランスが絶妙なE2000と比べるとLittle Qは音場表現が負けています。しかし$20以下でこれだけ戦えるなら十分かと。

総評

  • 力強いアタック
  • 自然なボーカル
  • 深く沈み込む低音
  • コスパ良好
  • スマホ直挿しでは駆動力不足でやや物足りない
  • 女性ボーカルがけっこう近い
  • 若干タッチノイズ
  • LRが識別しづらい

非常に出来が良いイヤホンだと思います。$20以下としては特に低音の解像度が高く、ボーカルが自然でありつつ歯擦音やブレスが控えめで聴きやすいです。

KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)の画像
安くてバランス良好!

付属イヤーピースは高域を少し弱めています。高音にもう少し刺激とリアリティが欲しいなら市販イヤーピースへの変更をおすすめします。グリップ力不足で固定が甘い場合もサクッと変えてしまった方が良いでしょう。

音質面を総合的に見ると音場表現がやや劣るものの、全体の出来が$20以下としては高めであるせいとも言えるでしょう。

私自身はボーカルが近いのが好みではないのですが聴きづらくて手に取らないというほどではありません。アンプを使用すればいくらか後ろに下がりますし、アタックが力強くJPOPも気持ち良く聴けるのが日本人には嬉しいポイントです。

最近発売された$20以下の中華イヤホンの中では総合力が高く、LRがよく見えないことで感じる不便ささえなければ言うことはありませんでした。しかしこの点はLittle Qに限ったことではありませんから、ことさら特筆するほどの欠点ではないのかもしれません。

初期装備のKBEAR Little Qをおすすめできるのは、ドングル型DACアンプやオーディオメーカーのDAPを使っている人、低音の沈み込みを重視する人、コスパと楽曲を選びにくいバランスを重視して極力安価なイヤホンを探している人です。

スマホ直挿しで使う低価格イヤホンを探している人にもおすすめできないわけではありませんが実力は発揮しきれないと思います。また、総合力はかなり高いものの上位価格帯の人気機種には劣るため過剰な期待は禁物です。

初期装備のKBEAR Little Qをおすすめできないのは、ボーカルが近いのが苦手な人、スマホ用の低価格なDACケーブルの使用を想定している人です。定位の中心が耳の間の中心に合っているイヤホンを求めている人にも向きません。また、形状的にfinal E3000のような小型の筒型イヤホンの装着感が合わない人にもおすすめできません。

KBEARはブランド登場時から好評なイヤホンを比較的多くリリースしています。しかしわりとひっそりサクッとチューニングを変えてきます。微調整だけでより良くなっていることもあれば、さほど悪くもなかったのにだいぶ変更されてしまうこともあります。また、セラーにも十分な告知はなされないため問い合わせても事前に確認することができません。ネットの評判を参考に購入を検討している機種がある場合はLittle Qも含め早めの入手をおすすめします。

円安の勢いが止まらないためレビュー公開時点の9月15日はAmazonの方が安価に購入できます。

KBEAR Little Q(旺財/ワンちゃん)のレビュー、次回はおすすめイヤーピース編の予定…だったのですがイヤーピース交換しすぎて片側が微妙に断線しそうになっています。『KBEAR 07』で紹介した2種類以外を見つける前に断線してしまった場合はイヤーピース編は中止、もしくはLittle Qを再度購入する(しないかも)まで延期となります。