2019/07/23 中華リケーブル一覧(qdc/KZ Cタイプ)を更新しました。

2019/07/26 検索フォームをGoogle検索に変えました。

[レビュー] ZO6255 (2) – リケーブル編その1(5千円以下)

ZO6255レビュー第2回はリケーブル編その1です。5,000円以下のリケーブルについてまとめました。2018/07/29時点でまだ販売されているケーブルについてのみ書いています。

なお中華イヤホンはロットの違いやばらつきで音が違うことがあるため、できればレビュー第1回をお読みになって付属ケーブルのレビュー内容がご自身の感じ方に近いかどうか確認していただけるとより参考にしていただけると思います。

結論だけでよろしければ『まとめ』からどうぞ。

2018/07/30追記:既に全てのレビューを書き終えています。以下の全4回です。

今回合ったイヤーピースはシリコンのSpinFit CP145とウレタンフォーム素材のコンプライ Ts-500です。ウレタンの方は高音を出すために自分で接着剤で加工しています。未加工だとやや高音が抑えられた音質になりますので、より高音を出したいなら加工することをおすすめします。

銅線

Yinyoo YYX4753(6芯純銅)

6芯銅線リケーブル Yinyoo YYX4753(mmcx 2.5mm)の画像
柔らかく太すぎず取り回しやすいです。
  • ブランド:Yinyoo
  • 型番:YYX4753
  • 芯材:純銅
  • 芯数:6芯
  • ストレートタイプ
  • スライダー付き
  • 12ヶ月保証
  • 1,989円(2018/07/29)
  • バランスの良い音
  • メリハリのあるはっきりした音質
  • ボーカルは近めでよく聞こえる
  • 高音くっきり
  • 締まりのある低音
  • 分離が良い
  • 大きい音だと聞き疲れる

どちらかというと全音域でバランスの良い感じの音になりました。高音がくっきり出るのでドンシャリ感がありますが低音は付属ケーブルほどは出ず(といっても不足なく十分出てます)中音域の凹みは感じません。

メリハリのあるシャキッとはっきりした音で、高音はイヤーピースによっては少し聞き疲れるほど尖った音がするためウレタンフォームのイヤーピース(接着剤加工しない)がおすすめです。

他のケーブルと比べるとボーカルが近くでよく聞こえます。

非常に安いのにクリアでボワつきもなくコスパの良いケーブルです。しかしZO6255で音量を上げすぎるとちょっと聞き疲れるかも…。小さめな音量ではそこまでではないので、あまり大きい音を出さない方に良いと思います。

しかし安くてもより自然な方が良いのであればもうちょっと予算を足してYYX4732(記事内解説)やKBF4759(記事内解説)あたりの方が良さそう。

ZO6255との相性では、強すぎる高音が苦手ならおすすめしづらいです。2PINも買ってKZ ZS10で使ってみたところシリコンのイヤーピースでも疲れず結構良い音だったので相性だと思います。

Kinboofi KBF4759(8芯高純度銅)

8芯高純度銅リケーブル Kinboofi KBF4759(mmcx 2.5mm)の画像
明るい銅色
  • ブランド:Kinboofi
  • 型番:KBF4759
  • 芯材:高純度銅
  • 芯数:8芯
  • ストレートタイプ
  • 12ヶ月保証
  • 3,359円(2018/07/29)

非常に聞きやすい音で鳴ってくれます。

  • 音場が広がった
  • 解像度もなかなか高い
  • 銀メッキより若干マイルド
  • ボーカルがよく聞こえる
  • 高音はシャリシャリしない
  • スマホ直挿しなら全域でバランスが良い音質
  • アンプ(バランス)があれば低音しっかり厚みあり

シリコンのイヤーピース(SpinFit CP145)が合っていました。ウレタンフォーム素材のイヤーピースだとマイルド過ぎる感じです。

スマホなどに直挿しではどちらかというとどの音域も出すぎていないバランスが良い音質なので、ZO6255付属ケーブルに比べて低音が衰えたと感じる可能性はありそうです。

アンプを通せば(モバイル用途の小型でも)締りがある低音はアタックもしっかりで銀メッキよりも厚みがあり、高音はシャリシャリすぎない程度で十分出ていると思います。かなり良いです。

8芯の中で比較すると解像度もなかなか高いように感じました。また、他の8芯ケーブルよりボーカルがよく聞こえます。しかし近すぎないです。

私はクーポンで安く買えたのですが、この記事の公開時点でもまだ1,000円クーポンが出ているようです。2,000円台ならあまりリケーブルの投資に興味がない方でもチャレンジできる価格では?コスパは高いです。私は2PINも買いました。

銀メッキ

Yinyoo YYX4731(4芯銀メッキ銅)

  • ブランド:Yinyoo
  • 型番:YYX4753
  • 芯材:銀メッキ銅線
  • 芯数:4芯
  • スライダー付き
  • 12ヶ月保証
  • 3,200円→2,199円(2018/07/29)

このケーブルの前に同じタイプっぽい8芯のYYX4732(記事内解説)を購入して非常にコスパが良かったので、興味を感じて買い足した銀メッキ銅線4芯ケーブルです。

付属ケーブルよりもクリアになり、音場がちょっとだけ広がって少し自然になります。アンプ使用よりもクリアさが劣るものの、スマホ直挿しでも音のバランスが変わりにくいです。

全てにおいて8芯・16芯にはどうしても負けてしまうので、予算が許して太さが許容できるなら8芯や16芯をおすすめしたいところ。8芯・16芯ならアンプなしでウレタンフォームのイヤーピースでもある程度のクリアさが確保できます。

WOOeasy JHX47142(8芯銀メッキ7N無酸素銅)

8芯銀メッキリケーブル WOOeasy JHX47142(mmcx 3.5mm)の画像
8芯としては所有している中で一番細いです。
  • ブランド:WOOeasy
  • 型番:JHX47142
  • 芯材:銀メッキ7N無酸素銅
  • 芯数:8芯
  • ストレートタイプ
  • 12ヶ月保証
  • 4,182円→3,182円(2018/07/29)

手持ちの8芯の中では一番細くて軽く扱いやすいです。

  • 低音のボワつきはまだ少し残っていて締まり不足
  • 中音域も少し埋もれ気味
  • ボーカルが聞こえやすくなった

他の8芯と比較するとややコスパが劣ると感じました。シャキシャキ過ぎるイヤホンには良いのかな?という感じ。ZO6255には他のケーブルを検討するのが良さそうです。

Yinyoo YYX4762(8芯銀メッキ銅線)

8芯銀メッキリケーブル Yinyoo YYX4762(mmcx 2.5mm)の画像
濃い焦げ茶色
  • ブランド:Yinyoo
  • 型番:YYX4762
  • 芯材:銀メッキ銅線
  • 芯数:8芯
  • ストレートタイプ
  • 12ヶ月保証
  • 4,515円→2,999円(2018/09/10)

柔らかくタッチノイズもないので取り回しやすいです。

  • 音場が広がった
  • 音が締まった
  • 中音域が埋もれなくなった
  • ボーカルが程良い距離感でよく聞こえる
  • 音にやや厚みが出た
  • 他の8芯銀メッキよりやや艶がある

銅線ほどではありませんが音に厚みがあり、低音域から中音域の低い辺りに重心が来ているような雰囲気ですが高音もくっきり出ています。シャカシャカしないので好きな人は多いんじゃないかと思います。

銀メッキとしてはやや温かみのある音で、低音に締りと厚みがあるのでマイルドにならず重厚感もあります。しかしオーケストラでは不自然さというか、バランスの悪さを感じました。クラシックに使われる楽器の多い演奏のゲーム音楽は迫力があって良かったです。

ボーカルは打ち込み系の低音にも負けずにしっかり聞こえますが近いということはありません。ボーカルも楽器も比較した8芯銀メッキの中では艶が感じられます。

2018/07/29現在、1,000円値引きキャンペーン中です。

Yinyoo YYX4732(8芯銀メッキ無酸素銅)

イヤホンはZO6255、リケーブルはWOOeasy YYX4732、イヤーピースはTs-500の組み合わせの画像
黒いケーブルがZO6255とマッチ
  • ブランド:Yinyoo
  • 型番:YYX4732
  • 芯材:銀メッキ無酸素銅
  • 芯数:8芯
  • 耳掛けタイプ
  • 12ヶ月保証
  • 4,890円→3,199円(2018/07/29)

他に色違いの青(YYX4733)があります。

とてもコスパの良い、イヤホンを選びにくいケーブルです。

  • 音場が広がった
  • 音が締まった
  • 中音域が埋もれなくなった
  • ボーカルが程良い距離感になった
  • 付属ケーブル(銀)の音質がそのまま良くなったイメージ

あまり音質を変えずに全体的に持ち上げてくれるタイプの使いやすいケーブルです。ZO6255付属ケーブルの問題点を解消しつつ上手く能力を引き出し、全体的に自然にしてくれます。

付属ケーブル(銀)の音が気に入って、リケーブルであまり音質を変えたくないなーと思ったらこのケーブルが良いと思います。

Kinboofi KBF4735(8芯銀メッキ銅線)

8芯銀メッキリケーブル Kinboofi KBF4735(mmcx 2.5mm)の画像
鮮やかな黄色のケーブルです。
  • ブランド:Kinboofi
  • 型番:KBF4735
  • 芯材:銀メッキ銅線
  • 芯数:8芯
  • 耳掛けタイプ
  • 12ヶ月保証
  • 4,800円→3,900円(2018/07/29)

商品説明にある「低域の伸びが効果として実感できます」に期待して購入してみました。

  • 音場が広がった
  • 音が締まった
  • 低音に厚み
  • 伸びやか
  • 人の声がよく聞こえる
  • 要アンプ

他の銀メッキケーブルと比較すると低音がしっかり出るようになりました。と言っても低音域だけが強くなったのではなく、全域で低い方の音が厚くなります。ギターならギターの低いところ、バイオリンならバイオリンの低いところが良く出ているといった感じです。

伸びやかに広がる音色なのでメリハリの効いたハキハキした音が好きな方にはおすすめしづらいです。

ZO6255との組み合わせでは人の声がよく聞こえます。ライブ音源に含まれる歓声もよく聞こえました。また、他のケーブルでは低音が強くなるとボーカルが負けそうになる楽曲でも聞きづらくなるということはありませんでした。

商品説明に「マニア向」との記載がありますが、これが書かれているケーブルにはある程度パワーのあるアンプが必要なようです。パワフルなアンプを入れると中音域が良く出るようになり非常に聞きやすいサウンドになります。アンプなしだと微妙…?

ただ、アンプも使いつつ色々なイヤーピースを試してみましたが、どれも一長一短でした。解像度がやや劣るとか、解像度が高まる代わりに高音と低音のアタックが衰えるとか…。このケーブルはZO6255とはあまり相性が良くないのかもしれません。

まとめ

程度の差はありますがどのリケーブルでもより自然な広がりが得られ、空気感が良くなります。低音のボワつきがなくなることによって解像度・情報量・分離・定位の全てが向上します。

5千円以下の個人的おすすめは3本です。バランスの良い音質の8芯高純度銅KBF4759本記事内解説)、厚みがある弱ドンシャリ気味の8芯銀メッキYYX4762本記事内解説)、付属ケーブル(銀)の音をそのまま向上させる8芯銀メッキYYX4732本記事内解説)と言う感じです。

  • 高純度銅8芯 KBF4759SpinFit CP145使用)
    • 音場が広がった
    • 解像度もなかなか高い
    • 銀メッキより若干マイルド
    • ボーカルがよく聞こえる
    • 高音はシャリシャリしない
    • スマホ直挿しなら全域でバランスが良い音質
    • アンプ(バランス)があれば低音しっかり厚みあり
  • 銀メッキ8芯 YYX4762(加工済みコンプライ Ts-500もしくはSpinFit CP145使用)
    • 音場が広がった
    • 音が締まった
    • 中音域が埋もれなくなった
    • ボーカルが程良い距離感でよく聞こえる
    • 音にやや厚みが出た
    • 他の8芯銀メッキよりやや艶がある
  • 銀メッキ8芯 YYX4732SpinFit CP145使用)
    • 音場が広がった
    • 音が締まった
    • 中音域が埋もれなくなった
    • ボーカルが程良い距離感になった
    • 付属ケーブル(銀)の音質がそのまま良くなったイメージ

いずれもアンプがなくてもバランス良く全体的に音質を持ち上げてくれます。もちろんアンプがあると更に良く、特に8芯高純度銅KBF4759本記事内解説)のバランス接続は明らかに低音にしっかり厚みが出て変化が大きい印象があります。

おすすめしたリケーブルは現時点(2018/07/29)で発売時の価格から値下げされているか値引きクーポンが出ています。いつ終わるかわからないので買うならお早めに。

他のリケーブルを試すならレビューを参考に特定の音域の色付けがないとされているケーブルが良い気がしました。低音が衰えると凡庸になり、中音域が衰えると迫力がなくなり、高音が衰えると安いイヤホンの音になる気がします。

次回は5,000円以上のリケーブルについてレビューします。

2018/07/30追記:今回(第2回)も含めて全4回を公開しました。