BLON BL-03のチューニング変更(たぶん2020年)

以前から気になっていたBLON BL-03のロット違いの音を改めて比較してみました。結論から言いますと音は全部異なりました。

BLON BL-03のカラバリ3色
私は各色持ってます。

比較したのは2019年発売最初期ロットのガンメタ、2020年に追加されたカラバリのパープル、2021年8月に買い足したシルバーです。ケーブルの個体差にしては音の違いが大きかったため同じ1本のケーブルで比較したところやっぱり違います。

2019年ガンメタよりも2020年パープルと2021年シルバーの方が低音も高音も強化されドンシャリ感がやや強まっており、より元気です。不評だった付属イヤーピースはパープル以降は現在の他のBLON低価格イヤホンにも付属する傘型シリコン2サイズ+丸型シリコン3サイズに変更されていました。

BLON BL-03のパープルの同梱物の白背景画像
パープル発売時点ですでに変更されています。

2021年シルバーは2020年カラバリ初期ロットパープルに近いものの微妙に違いはあります。しかしこれはチューニングが異なるのではなくパープルと同じチューニングでハウジングの違いが影響しているような気がします。パープル発売と同時に既存カラーもチューニングが変更されたのではないでしょうか。

BL-03はパープルのみハウジングの表面処理が異なり、塗料の重さなのかハウジング重量が4gほど重いです。分厚いコーティングだとするとガンメタ/シルバーよりもハウジングへの共振が弱っていそうですから、2020年パープル初期ロットと2021年シルバーの違いはこれが主な要因のような気がします。多少の個体差もあるかもしれません。

BLON BL-03パープルのハウジングの白背景画像
画像は2019年に追加されたカラバリのパープル。

パープルが追加された際にセラーに違いを問い合わせ、単なる色違いでチューニング変更はないと回答をもらっていました。パープルの音をチェックして違いを感じたため再度しつこく問い合わせましたがやはり変更はないとの回答でした。ですが実際はパープル発売時点で全カラーのチューニングを刷新した上で全カラーが同じチューニングであることの認識違いか、セラーは知らされていないだけだったのではないかと思います。

BLONもひっそりとチューニング変更するメーカーということのようです。BL-03は2019年の発売時から非常に好評でしたが、ロングラン商品ゆえの旧型DD在庫切れで変更に伴うチューニング再調整なのかも。だとすると更に変更されているかもしれませんし、他の製品でも変更済みの可能性はあるでしょう。

BL-03自体は変更後もバランスは良く、普通におすすめできます。しかし必ずしもいい感じの仕上がりでチューニング変更されるとは限りませんし、やはり好評で購入検討している製品は早めに入手するに限りますね…。

ちなみに私がチューニング変更を確認済みのブランドはKZ/CCA/KBEARです。また、TRI-i3の変更(ベントが1ヶ所→2ヶ所になっている)についてレビューにコメントをいただいていますので、TRIも可能性はあると思います。