「 2019-07-13 」一覧

[レビュー] Yinyoo TOPAZ (2) おすすめイヤーピース編

Yinyoo TOPAZのレビュー第2回はおすすめイヤーピース編です。

Yinyoo TOPAZと汎用イヤーピースの画像
ステムが滑るので使用できるものが限定されます。

レビュー第1回は以下からどうぞ。

使用ケーブルは付属ケーブルです。音の基準はブラックの付属イヤーピース(以下、付属ブラック)です。付属ブラックで感じることのある中音域のくもりが同等以上に改善すること、極端な高音不足を感じないことを主な基準で選んでいます。

TOPAZは金属ステムが滑りやすく一部イヤーピースはすぐ外れてしまいます。また、TOPAZのqdcの根本はややグラつきがあることとqdcの土台のプラスチックがケーブル根本への負荷にやや弱いため、イヤーピース交換の際にはケーブルの根本を押さないように注意してください。イヤホンへのダメージになることがあります。

人間の耳の形状はそれだけで個人を識別することができるほど千差万別です。私が良いと思ったイヤーピースが必ず皆さんの耳の形状に合うとは限りません。その点はご了承ください。

シリコン

AZLA Sedna Earfit

AZLA SednaEarfit(Amazon)は開口部が広く軸が固めなドーム型のシリコン製イヤーピースです。背は低いですが軸が少し長くなっているので音の出口から距離を取ることができます。SSは10.4mm、Sは11.2mm、MSは11.9mm、Mは12.6mm、MLは13.3mm、Lは14mmです。

  • 付属ブラックより明瞭
  • 高音の主張が強まる
  • 中音域の情報量と解像度向上
  • 低音のアタック感がごくわずかに弱まる

高音の主張が強まります。付属ブラックでやや不足気味だったスネアドラムの高音成分がだいぶ出てきます。締まり具合は付属ブラックに近いですが中音域で感じることのあるくもりが改善し音にピントが合ったような明瞭さです。

付属ブラックは低音のアタック感が音量的に強めなので比較するとごくわずかに弱まっているようです。それでもこの記事でおすすめしているイヤーピースの中では強めに出ている方だと思います。

ELECOM スペアイヤーキャップ

ELECOM スペアイヤーキャップ(Amazon)はややカサカサしたシリコンのイヤーピースです。しかし素材感と安さのわりには使えるイヤーピースだと思います。Sは11mm、Mは12mm、Lは13mmです。

  • 付属ブラックよりやや明瞭
  • 中音域が少し出てくる
  • 低音のアタック感が音量的に少し弱まる

付属ブラックとの高音の差は軽微です。スネアドラムの高音成分が少ししっかりしているか、シンバルの高音成分がわずかに弱いかなという程度。低音のアタック感は音量的に少し弱まります。中音域の出具合もそう極端ではありません。

おすすめする中では最も安価ですが意外とバランスは良いです。中音域のくもりが気になっていて安価に済ませたいならこれが良いと思います。

FAudio FA Vocal

FAudio FA Vocal(Amazon/楽天市場/Yahoo!ショッピング)は中高音域強化タイプのイヤーピースです。Sは約11mm、Mは約13mm、Lは約14mmです。

  • 付属ブラックよりやや明瞭
  • 高音の主張が強まる
  • 中高音域が出てくる

高音の主張が強まり中音域が出てきます。ボーカルも少し出てきますが楽器類の出具合の方が強いようです。低音はあまり変化しません。高音の主張が強まる他のイヤーピースは低音のアタック感がわずかに弱まることが多いため、付属ブラックが気に入っているけれど中高音域だけをもう少し出したいと感じているなら希望通りになると思います。

中高音域が出ると言ってもフラット傾向に近づくわけではなく低音のどっしり感は残るため、中低音域寄りはそのままです。

FAudio FA Instrument

FAudio FA Instrument(Amazon/楽天市場/Yahoo!ショッピング)は低音強化タイプのイヤーピースです。Sは約11mm、Mは約12mm、Lは約13mmです。

  • 付属ブラックよりやや明瞭
  • 高音の主張が強まる
  • 低音のどっしり感が強まる

付属ブラックよりもどっしりします。高音の主張は付属ブラックより強いので高音不足は感じません。『Instrument』の名の通り生楽器演奏がきれいに聞こえるのですがTOPAZは中低音域寄りなのでだいぶどっしりはしています。更に低音に寄せたいというニーズがあるならアリだと思います。

SpinFit CP360

SpinFit CP360(Amazon/楽天市場)はとても柔らかく吸い付くようなシリコン製のイヤーピースです。TWS用として販売されていますが普通のイヤホンにも使うことができます。医療用シリコンで出来ていて痒くなりにくい(個人的には実感できます)のもメリット。SSは1.5mm、Sは11mm、Mは12mm、Lは13mmです。

  • 付属ブラックより明瞭
  • 高音の主張が強まる
  • 高音の解像度が向上
  • 低音の厚みが抑えられる
  • 低音のアタック感が音量的に少し弱まる

高音の主張が強まり、重低音が弱って低音の厚みが抑えられます。薄くなったとは感じないので自然な範囲だと思います。また、TOPAZの低音の主張によってやや聞き取りづらくなっていた中音域の情報量が増えたように感じます。

低音のアタック感も少し弱まるので、全体的にTOPAZの低音が強すぎると感じるなら良いでしょう。

ウレタン

ANJIRUI T400

ANJIRUI T400(AliExpress)は安価なウレタンフォーム素材のイヤーピースです。AliExpressで購入できます。Mは約12mmです。

  • 付属ブラックに近いバランス
  • 付属ブラックよりやや明瞭

ウレタンなので高音はわずかに付属ブラックに負けますがだいぶ近く、ボーカルの距離感と低音のアタック感も付属ブラックに近いです。付属ブラックの音は気に入っているけれどウレタンの方が好みならこれが良いでしょう。残念ながらAmazonでは販売されていません。

その他

MandarinEs Symbio Eartips

MandarinEs Symbio Eartips(Amazon/楽天市場/eイヤホン)はウレタンをシリコンで挟んだイヤーピースです。力強い低音と抜けの良さが特徴。表面のシリコンのおかげで高音も本体がウレタンのわりには出ています。Sは11mm、Mは12mm、Lは13.5mmです。

  • 付属ブラックより明瞭
  • 音の立体感が向上
  • 低音に力強さ
  • 中音域の情報量と解像度向上

TOPAZ+付属ケーブルとの相性はかなり良いです。他のイヤーピースではあまり出せない立体感が感じられます。ただし高音の主張が部分的に付属ブラックより弱いようでシンバルの高音成分が不足している気がします。高音が欲しいなら物足りないでしょう。

付属ブラックの中音域のややぼやけた感じのピントが合い、情報量と解像度が向上します。ボーカルで感じられることのあるくもりも解消されます。

低音は単純にアタック感が強まったのとは違う力強さがあります。全体的にではなくアタック感の強い音にだけどっしり感が増すような印象です。

気持ち良く音が広がるので長時間聞き流すのに向いていますが、時々はっとするような力強い音を出してくれます。

まとめ

滑りやすいステムのせいですぐに抜けてしまう市販イヤーピースが多かったため、ちゃんとはまるイヤーピースのうち相性が良いものとなるとかなり種類が少なくなってしまいました。加えて、低音の厚さからかこもる楽曲があるイヤーピースがわりと多かっためそれも除外しています。

個人的には付属ケーブル使用時はMandarinEs Symbio Eartipsを気に入って使っていました。紹介した中では高音が弱めですが音場の立体感が気持ち良いです。安さ優先ならELECOM スペアイヤーキャップが良いと思います。

Yinyoo TOPAZのレビュー、次回はおすすめイヤーピース編の第2段、YYX4829との組み合わせでのおすすめイヤーピース編です。YYX4829はTOPAZの商品ページでアップグレードケーブルとして販売されており、一緒に購入した方も多いと思います。付属ケーブルよりも低音が弱まるためくもりが出にくくおすすめイヤーピースはいくらか多くなりそうです。