[簡易レビュー] その他中華リケーブル

中華リケーブルの簡易レビューです。他ブランドのリケーブルの簡易レビューはこちらから。⇒Yinyoo NICEHCK TRN/KZ/CCA Kinboofi/KB EAR

★中華リケーブルの価格一覧はAliExpressセール価格情報(中華リケーブル)をご覧ください。

RevoNext

R00311 8芯銀メッキ&OFCミックス

RevoNext R00311(Amazon1,599円)は低音が少し弱めであっさりしやすく高音はやや強め、メリハリが向上することが多いものの音場は狭まりやすいです。耳掛けチューブ付き。2pinの極性は耳掛けした時に下側がマイナスです。ツイート

高音強化
3.5
★★★★★
★★★★★
低音強化
2.5
★★★★★
★★★★★
重低音強化
2.5
★★★★★
★★★★★
  • 標準(味付けなし)は3.0です。
  • 「重低音強化」はより下の帯域まで出る、もしくは重低音が音量的に強めなことを意味します。
  • RevoNextのケーブルはピンが長いですが試した限りではKZイヤホンは以前の2pinでも現在のCタイプでも収まるようです。他のメーカーの2pinやqdcタイプのイヤホンには刺さりきらないものがありTRNイヤホンは隙間が開きます。
  • 相性が良かったのはKZ AS10、CCA C10など。マイルド気味なイヤホンをシャキッとくっきりさせやすいです。ただし低音側があっさりするので濃さはそのままに高音だけ強めたいというニーズには合いません。なおAS10ではホワイトノイズ軽減効果なし。

FAAEAL

型番不明(4芯5N OFC)

FAAEAL 4芯5N-OFCケーブル(Amazon取扱いなし/AliExpress)は低音を少し強化、高音もまあまあ出るタイプ。しょっちゅう売り切れていますが都度入荷はしていますので完売しても少し待てば買えるはずです。耳掛けチューブ付き。2pinの極性は耳掛けした時に下側がマイナスです。ツイート

高音強化
3.0
★★★★★
★★★★★
低音強化
3.5
★★★★★
★★★★★
重低音強化
3.5
★★★★★
★★★★★
  • 標準(味付けなし)は3.0です。
  • NICEHCK NX7 Pro(レビュー)(銀フィルター/SednaEarfit使用)と相性が良いです。付属ケーブルほどベースラインは強くなく低音に量が増えすぎず、高音の主張が少し強まるので生楽器などのリアリティがやや向上。銀フィルターでは高音が足りないものの赤フィルターはきつすぎるならちょうど良いのでは。

FDBRO

型番不明 16芯銀メッキOFC

FDBROの16芯OFCケーブル(Amazon/AliExpress)は低価格16芯のわりに音質が良くやや太め。少し低音が強化される傾向があるようです。耳掛けチューブ付き。手持ちのものは2pinの極性は耳掛けした時に上側がマイナスでKZとは逆向きです。端子の土台のくぼみの向きが間違っているので処理ミスかもしれません。同ブランドの8芯はKZと同じ下側がマイナスだったのでFDBROのケーブルがこの向きで統一されているということではないようです。

高音強化
3.0
★★★★★
★★★★★
低音強化
3.5
★★★★★
★★★★★
重低音強化
3.5
★★★★★
★★★★★
  • 標準(味付けなし)は3.0です。
  • 「重低音強化」はより下の帯域まで出る、もしくは重低音が音量的に強めなことを意味します。

Smabat

8芯金銀メッキ単結晶銅

Smabatの8芯金銀メッキ単結晶銅ケーブル(AliExpress)はmmcxコネクターの2.5mmと3.5mmのみの取り扱いです。”Gold Silver Mixed Plated”が色だけなのかメッキもちゃんと金と銀なのかは不明。mmcxの接続部に隙間が開いているパーツが使用されています。通常価格の相場は$25前後です。

高音の刺激がほんのちょっとだけ弱りつつ全体的に伸びが良くなりやすいように感じます。伸びが良いケーブルで高音が強いとシャンシャンした音になることがありますがこのケーブルはそうはならずいい感じです。どちらかというと低音の方の伸びが良い気が。

高音強化
2.8
★★★★★
★★★★★
低音強化
3.0
★★★★★
★★★★★
重低音強化
3.0
★★★★★
★★★★★
伸び強化
4.0
★★★★★
★★★★★
  • 標準(味付けなし)は3.0です。
  • 「重低音強化」はより下の帯域まで出る、もしくは重低音が音量的に強めなことを意味します。