2019/08/26 中華リケーブル一覧をセール価格で更新しました。

[レビュー] 金銀合金&OFCリケーブル Yinyoo YYX4765

今回はこれまで買ったリケーブルの中でも最も高価格で、もう1~2本欲しいくらいに高音質なリケーブル、金銀合金&OFCのYinyoo YYX4765についてレビューします。

2018/10/01追記:BQEYZ KC2とYYX4765との組み合わせについて追記しました。総評の結論は変わりません。

製品仕様

金銀合金&OFCリケーブル Yinyoo YYX4765の画像
輝くコッパーでやや太め
  • メーカー:Yinyoo
  • 型番:YYX4765
  • 芯材:金銀合金&OFC
  • 耳掛けタイプ

AliExpressのセールは5/6 16:00からの予定です。

※AliExpressで不良品が届いた場合は英語で問い合わせる必要があります。また、迅速に交換返品に対応してくれるとは限りません。自信のない方・保証が欲しい方は割高でもAmazonでの購入がおすすめです。

見た目は銅線の赤茶色です。やや重めでかなり太いです。

金銀合金&OFCリケーブル Yinyoo YYX4765を手に持っている画像
所有しているるケーブルの中では一番重いかも…

YYX4765の商品説明には以下のように書かれています。WTSUN Audio(Easy earphones)さんの商品説明は概ね使ってみた時の感想と合致するようなので参考になりますよ。

  • 澄んだ音場
  • 解像度を飛躍的に高めることに成功
  • イヤホンのポテンシャルを極限まで引き出す
  • 帯域が広いため低音から高音までバランスよい
  • 品格のある音を力強さと共に体感

音質

ZO6255

  • ブランド:Zodic Audio
  • ドライバ構成:DD×2, BA×2
  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:120db ± 3db
  • 再生周波数帯域:10Hz~40,000Hz
  • ケーブル端子:mmcx
  • マイク搭載

*AliExpressのAnniversary SALE期間は3/28 16:00~4/1 15:59

ZO6255は付属ケーブルでは弱ドンシャリ傾向ですがリケーブルによって弱ドンシャリから、低音がしっかり出るバランスの良い音質まで変化が出るイヤホンです。長時間のエージングとリケーブル推奨。『[レビュー] ZO6255 (1) - エージングで本領発揮するイヤホン』から全4回でレビューを書いています。

レビューで2位に着けた通り、悪くない組み合わせでした。

  • 比較したケーブルの中で最も明瞭
  • 締りと厚みがある
  • 解像度が非常に高い
  • 音場は横以外にも広がる
  • 情報量は8芯より多いが16芯には負ける

明瞭感と厚みがあり艷やかで、音の広がりは横以外にも広がっています。

情報量は16芯ほどではないと感じましたが解像度が非常に高く音が生々しいです。比較したケーブルの中ではシンバルにスティックが当たって金属に振動が伝わる様が最もリアルに聞こえてきました。アンプを通すと更に解像度が高まり「おおー」と声が出そうになります。

しかしアンプなしでスマホ直挿しでもかなり良い音が出ます。

audbos k5(TENHZ k5)

  • ドライバ構成:DD×2, BA×2
  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:100±2dB
  • 再生周波数帯域:20Hz-40000Hz
  • ケーブル端子:mmcx

*AliExpressのセール期間は8/26 16:00~

audbos k5(名前が変わってTENHZ k5)はフラット傾向でありつつも適度に高音の音量のピークが高まっていて低音のアタック感もまずまずで厚みもあるので弱ドンシャリっぽさも感じる、音場が広いイヤホンです。『[レビュー] audbos k5 改め TENHZ k5 (1) - 音場の広い優秀イヤホン』から全6回でレビューを書いています。第2回から第5回はリケーブル比較レビューなので、結論だけでよろしければレビュー第1回レビュー第6回だけどうぞ。

2018/08/18追記:audbos k5のリケーブル検討の過程で本記事公開時点より聞き込んだので一部評価を追加修正しました。

  • フラット傾向は変わらず
  • 高音はかなり出る
  • 中音域は量感がある
  • タイトな低音
  • 音が程よく締まる
  • 音場が更に広い
  • 音場が横以外にも広がる
  • 音が濃く艷やか
  • 音に調和が取れた
  • ボーカルがよく聞こえる

他のイヤホンでも試してみてこのケーブルの特徴として感じるのは横以外にも音場が広がることです。リケーブルで音場の広さが衰えるケーブルが多い中、audbos k5+付属ケーブルで感じる音場の広さを全く衰えさせませんでした。

付属ケーブルを含む一部ケーブルとの組み合わせでボワっとした伸びが感じられることがありますが、このケーブルでは音がちょうどよく締まり不満を感じさせません。

アンプのパワーに比例して元気に締まってしまい音場の広さが犠牲になるので、あまりパワフルでないアンプかバランス接続かアンプなしが良いと思います。付属ケーブルより音量が取りにくくなりますが直挿しでも確実に音質は上がっています。

また、このケーブルのもうひとつの特徴として解像度が高く音が生々しいというのもあります。ZO6255のレビュー(4)には『シンバルにスティックが当たって金属に振動が伝わる様が最もリアルに聞こえてきました。』と書きましたが、audbos k5でも同様に感じます。ベースの弦楽器らしさなども良く再現されていると思います。

音がかなり濃いので、これを良い音と感じるか妙に濃すぎると感じるか…好みから外れる可能性もないとは言えなそうです。お値段がお値段なので気軽にチャレンジしてみてとは言いづらいですが、濃い音が好みならかなり気にいるはずです。

KZ ZS10

  • ドライバ構成:DD×1, BA×4
  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:104dB
  • 再生周波数帯域:7Hz~40000Hz
  • ケーブル端子:2PIN(0.75mm)

*AliExpressのAnniversary SALE期間は3/28 16:00~4/1 15:59

KZ ZS10は高音域≒中音域≧低音域かつ低音のアタック感がやや強いため低音寄り弱ドンシャリ感のあるバランスで、音場が広めのイヤホンです。アンプなしでも普通に聞けますが、本領発揮させるためにはアンプが欲しいイヤホンだと思っています。なお基本的にKZ製品は長時間のエージングが必要です。

買ったのはmmcx端子のケーブルなので、mmcx→2PIN変換アダプターで聞いてみました。

  • 音場が横以外にも広がる
  • アンプが必要(ZS10の特徴として)
  • 音が少しだけ締まった

KZ ZS10は音場広めなイヤホンですが、YYX4765にすると更に広くなります。また、音場が広いと言われるイヤホンで感じられることのある不自然な音の伸びが少し改善します。

ZS10はアンプがないとイマイチ実力を発揮しきれないイヤホンなのですが、YYX4765との組み合わせではほどほどのアンプが良さそうでした。パワーのある据え置きアンプだと変にマイルドになるような、音のバランスの変化によって地味になる気がしました。

BQEYZ KC2

  • ブランド:BQEYZ
  • ドライバ構成:2BA+2DD
  • インピーダンス:15Ω
  • 感度:105dB/mW
  • 再生周波数帯域:7-40000Hz
  • ケーブル端子:2PIN(0.78mm)
  • 付属ケーブル芯材:純度銅芯

*AliExpressのセール期間は8/26 16:00~

BQEYZ KC2は高音域=中音域≧低音域なフラット傾向に近いバランスで高音域に主張があるため高音寄りフラット傾向だと感じる、音場広めのイヤホンです。『[レビュー] BQEYZ KC2 (1) - エージング必須!箱出しがダメでも返品しないで欲しいイヤホン』から6回に分けてレビューしています。第2回から第6回はリケーブル比較レビューなので、結論だけでよろしければレビュー第1回レビュー第6回だけどうぞ。

購入したのはmmcxなのでmmcx→2PIN変換アダプターで試聴しています。

  • フラット傾向
  • クリア
  • 反響音が大きく抑えられた
  • 音場の広がりは比較的キープ
  • 情報量増量
  • 解像度向上

概ねフラット傾向です。足りない音も出過ぎる音もない、バランスの良い音だと思います。情報量は付属ケーブルでも意外と多かったので大きな変化とまでは行きませんでしたが、解像度は大幅に向上しました。

反響音が大きく抑制されました。しかし反響音の代わりに音の伸びと残響音をちょっとだけ出して音場の広がりを保っているようです。YYX4765の音場の広さが功を奏しているのだと思います。

音質は確実に向上します。しかしKC2との組み合わせではYYX4765より安い他のケーブルと比較した時に音質の向上幅は大きくなく、KC2にはもったいないです。

総評

お高いのでコスパ等を考えるとそれなりのイヤホンに使いたいところ。商品説明に「イヤホンのポテンシャルを極限まで引き出す」とある通り、ポテンシャルが高いイヤホンほどパフォーマンスの良いリケーブルじゃないかと思います。

いずれのイヤホンでも音場が横方向以外にも広がりました。自然に音が締まり、臨場感や解像度も向上するので全体的なグレードアップが期待できます。

ただしどちらかと言うと温かみのある濃い音色なので寒色系のクールでスキッとした音が好きな方の好みからは外れるかもしれません。

ZS10では音場がものすごく広がりますが、それだけのためにおすすめするにはお値段相応の音質向上は得られずコスパが悪いです。KC2も全体的には良くなるのですが大幅に変化したとまでは言えません。この辺りはイヤホン自体の潜在能力の限界かなと感じます。

ZO6255では最も生々しさの出るケーブルでした。リケーブル選びで1位になったHiF4747(ZO6255レビュー内解説)がなかったらこれを使ったと思います。audbos k5は音場の広さがキープでき、こちらも結構良さそうでした。ただしaudbos k5はリケーブル検討中なのでもっとしっくりくるケーブルがないとは言えないです。

そのうちもう少し上の価格帯のリケーブル対応イヤホンを買う予定なので、このケーブルを試すのが今から楽しみですね。

重量感と太さがあるので外では使いづらいのが一番の難点かもしれません…。

AliExpressのセールは5/6 16:00からの予定です。

※AliExpressで不良品が届いた場合は英語で問い合わせる必要があります。また、迅速に交換返品に対応してくれるとは限りません。自信のない方・保証が欲しい方は割高でもAmazonでの購入がおすすめです。